時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集酒飲みのミカタ特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集

 
<論稿集トップへ

第1回 ハッピーを大きくしたプレミアムビール
狩野卓也


第2回 変わりゆく饗宴外交
西川恵


第3回 かかりつけの名医のみつけ方
松井宏夫


第4回 日本の赤ワインの礎「マスカット・ベーリーA」
坂田 敏


第5回 週末はいつもアウトドア
廣川健太郎


第6回 不可能の壁を超える実践優位のマーケティング
石井淳蔵


第7回 ブレンダーという仕事
輿水精一


第8回 過去の体験が濾過されて曲になる
村井秀清


第9回 グラスはつくり手と飲み手をつなぐ
庄司大輔

第10回 落語を世界へ 英語で伝える日本の話芸
立川志の春


第11回 和食は「ご飯がたべたい」料理の文化
阿古真理


第12回 若者のための酒場歩きガイド
橋本健二


第13回 画像で気持ちが伝わる ネット口コミが市場を動かす
徳力基彦


第14回 創業60周年 復活した十三トリスバー
江川栄治


第15回 カクテルバーのコミュニティ
豊川紗佳


第16回 次に目指すは日本のバー文化の底上げ
坪倉健児


酒論稿集
酒器論稿

創業60周年 復活した十三トリスバー 江川栄治
お店には全国エリート・バーテンダー・カクテルコンペティッションのトロフィーが輝く■バーの世界に誘ってくれた人たち
−− 大学は薬学部なのですね。忙しい理系でよくアルバイトができましたね。
豊川 うちの大学は薬学部でも4年制のほうはそうでもなくて、むしろ1〜2年生の時は暇なくらいでしたね。アルバイトするならガッツリ働いて稼げる仕事にしようと思って、その頃はバーテンダーになるつもりはなかったので、一生できない仕事、飲食店がいいかなという感じです。だた、バイトで何も身につかないのは嫌かなと。カフェならコーヒーを勉強できるし、バーならお酒に詳しくなれるじゃないですか、それでバーブルーに応募しました。

−− 最初はどんな仕事をしたのですか?
豊川 注文をとるのと洗いものです。ブルーはパスタとかも出すので調理もあって、料理は嫌いではなかったので早い時期にやらせてもらいました。常連さんが多いお店なので、習ったカクテルもつくらせてもらいました。

−− 常連さんが多いからカクテルをつくらせてもらえるってどういうことですか?
豊川 常連さんが「つくってみな」と言ってくれたら、習ったものをつくらせてもらえるのです。当時のマスターは早くから楽しいことを体験させる方針で、入店してすぐにカクテルを教えてくれました。おもしろいと思わないと続かないでしょうとよくおっしゃっていました。

−− 下積み時代は洗い物、シェイカーふるなんてまだまだ先という修業ではなかったんですね。
豊川 ええ、アルバイト時代は本当に楽しくて、あっ、今もバーテンダーは楽しいのですよ(笑)。

−− そうやってどんどん嵌っていったのですね。何が一番面白かったのでしょう?
豊川 常連さんたちがとてもいい方で、先輩たちもよくしてくださって。熊本のバーはけっこう横のつながりがあるんです。いろいろ教えてもらったり、飲みにつれて行ってもらったり、飲みに行ったらよくしてくれて。すごく楽しくて、ああ、こういう世界もあるんだと。でも極めつきは、先輩が大会に出たのを見て、すごくかっこいいと感動したんです。

−− その方ですか以前、サントリー ザ・カクテルアワードで最優秀賞を受賞されたのは?
豊川 いえ、彼女は同僚です。

−− バーブルーにいるとカクテルコンテストには出るのが当たり前で、あなたも出てみないみたいな感じはあったのですかね。
豊川 でも強制される感じはなかったです。刺激を受けて自然と出たくなってくるんです。見ているとカッコよくて、やってみたいという。


ステージでカクテルとつくる豊川さん(全国エリート・バーテンダー・カクテルコンペティッション 2016.10.19 於帝国ホテル)■時代とともに変わるコンテストの評価軸
−− これからはどうされます。目標とか。若手のコンテストを卒業して、次は競技会で諸先輩と競うわけですが。
豊川 とりあえず2月の大会にエントリーしました。5~6年かけて全国大会に出られるように頑張ります。

−− 競技会はたくさんあるのですか?
豊川 洋酒メーカーやインポーターが主催するものや協会のものなど、大小さまざまですけれど毎月でもあるくらいです。書類審査に通らないと本選に出場できないので、まずはそこからです。

−− ジュニアの大会と何が変わるのでしょう?
豊川 ジュニアの大会はカクテルの創作だけですが、課題のカクテルが入るほかフルーツのカット技術が入ってきます。カクテルではフルーツがとても大事ですから。カットの仕方で味が変わるので、ナイフが使えないとダメなのです。

−− カットは先輩に教えてもらう?
豊川 熊本には競技会に出ている方がいないので県外の先輩になります。銀座の仲間からフルーツカット動画を送ってもらって、それを真似て覚えています。この動画は地方ではなかなか手に入らないのですよ。東京に行った時に入手するのですけれど、こういうところが地方は不利ですね。それで年に数回は東京に行くようにしています。大会に出場できると交通費が出るのでありがたいです。

−− 以前、10年以上前になりますけれど、あるバーテンダーが「コンテストに出品する作品には、実際に店で出せるかどうかは考えません。自分はコンテストはF1レースみたいなもので、公道を走れない車で競うと思っています」と書いていらして、この話をバーでするとほとんどのバーテンダーは「それは違う。店で出せなかったら意味はない」とおっしゃいます。どう思われますか?
豊川 今はコンテストでも店で出せることが評価されます。カクテルをつくる所作も昔は大きく動いたりしましたが、カウンターのなかできれいに見えることが重視されるように変わりました。私が5年前にやっていたことを今やっても、今は評価されなくなっていることもあります。きっとその方の時代の評価基準がそうだったのだと思います。その反省があって今は実際に店で出せることが重視されるようになってきたのではないでしょうか。

−− なるほど。そんなに評価の仕方が変わるものなんですね。コンテストで評価されやすいという意味ではどんなことに注意されますか?
豊川 ひと口目のおいしさですね。審査ではひと口味を見るだけで吐き出すので、強い味のもの甘いものが評価される傾向があります。

−− それはありそうです。



<<前頁へ      次頁へ>>