時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集酒飲みのミカタ特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集

 
<論稿集トップへ

第1回 ハッピーを大きくしたプレミアムビール
狩野卓也


第2回 変わりゆく饗宴外交
西川恵


第3回 かかりつけの名医のみつけ方
松井宏夫


第4回 日本の赤ワインの礎「マスカット・ベーリーA」
坂田 敏


第5回 週末はいつもアウトドア
廣川健太郎


第6回 不可能の壁を超える実践優位のマーケティング
石井淳蔵


第7回 ブレンダーという仕事
輿水精一


第8回 過去の体験が濾過されて曲になる
村井秀清


第9回 グラスはつくり手と飲み手をつなぐ
庄司大輔

第10回 落語を世界へ 英語で伝える日本の話芸
立川志の春


第11回 和食は「ご飯がたべたい」料理の文化
阿古真理


第12回 若者のための酒場歩きガイド
橋本健二


第13回 画像で気持ちが伝わる ネット口コミが市場を動かす
徳力基彦


第14回 創業60周年 復活した十三トリスバー
江川栄治


第15回 カクテルバーのコミュニティ
豊川紗佳


第16回 次に目指すは日本のバー文化の底上げ
坪倉健児


第17回 カクテルアワード受賞経験を倉敷で活かす
松下知寛

第18回 地域でつくるオペラアカデミー「農楽塾」
中嶋彰子

第19回 「消費されるワインの最高峰」を目指して
椎名敬

酒論稿集
酒器論稿

次に目指すは日本のバー文化の底上げ 江川栄治
■優勝したからこそできる経験から多くを学ぶ
サボテンの鉢植えは店の部下たちからの優勝祝い−− 優勝されてお店やご自身に、何か変わったところがございましたか?
松下 私自身は特にありませんが、常連のお客様が喜んでくれたのがいちばんうれしかったです。「コンテストは久しぶりだね。ずっと通っていてよかった、俺たちもうれしいよ」とおっしゃってくださいました。

−− すてきなお話ですね。たしかアワードの副賞にアメリカ・ケンタッキー、ニューヨークカクテルの旅があったと思います。もう、行かれましたか?
松下 はい。ソムリエの資格も持っているので欧州やアメリカのワイナリーに行ったことはありましたが、カクテルにフォーカスした研修旅行は初めてでした。最先端のバーを訪ねたり、飲んだことのない味のカクテルを体験したり、ものすごく刺激を受けました。ケンタッキーのバーボンの蒸溜所もすばらしかったです。『メーカーズ・マーク』の蒸溜所は敷地内がよく手入れされた庭園のようでしたし、『ジムビーム』は大きさに圧倒されました。バーテンダー仲間にスコットランドの蒸溜所を訪ねた人は何人かいますが、ケンタッキーに行った人はなかなかいません。ほんとうにいい経験をさせてもらいました。
 アワードを受賞すると「サントリーカクテルアンバサダー」に任命されて、受賞後1年間はその活動に従事します。「インターナショナル・バーショー」のようなイベントでデモンストレーションしたり、「サントリー バーテンダーズクラブ」というサイトで、プロ向けに基本的なカクテルをおいしくつくるポイントを私なりにまとめて連載したりしています。自宅で簡単にできるカクテルのレシピを考えて欲しいとか、次々にいただく課題に応えるのはたいへんなのですけれど、あらためて仕事に向き合ういい機会になっています。また、イベントに行けば初めてお目にかかる方には昨年アワードを受賞した松下ですと名刺交換できますし、それでより深い話ができたり、いろいろなバーに行かせていただいたり。受賞そのものだけでなく、その後に体験することから得た知識や経験が本当にプラスになって、自分の店や倉敷で活かせていると思います。

■倉敷の街とともに
日本バーテンダー図協会倉敷支部が主催する「カクテルパーティin倉敷」は9月開催る−− ところで日本バーテンダー協会倉敷支部ではどんな活動をされているのでしょうか?
松下 カクテルづくりの研修やメーカー様に協力いただいての商品勉強会など、バーテンダーとしての技術・知識の習得が主な活動です。諸々なことで月に一度くらい集まっているでしょうか。あとは毎年「カクテルパーティin 倉敷」というイベントを開催しています。メンバーがブースに立ちカクテルをその場でつくってお試しいただくパーティです。来場者は350人くらいいらっしゃるので、私たちはひたすらカクテルをつくります。今年で28回目になり、今は9月の開催に向けて準備の間最中です。

−− 倉敷のバー文化の厚みですね。昨年のパンフレットの広告を拝見すると、バーや洋酒関係の会社だけでなく、レストランや電気工事などさまざまな会社が協賛されています。
松下 はい。町の方に愛されてご協賛をいただいています。こういう広告をお願いして回るのも支部長の大事な仕事です(笑)。

−− バーをおやりになっていて、倉敷と東京の違いを感じることはありますか? あるバーテンダーの方が、地方にいるとカットフルーツのテクニックを学びにくく、東京と比べてハンデがあると感じると話すのを聞いたことがあります。
松下 東京には最新の情報があるのはたしかです。全国バーテンダー技能競技大会はなるべく東京まで観戦に行き、評判のバーを訪ねて回るようにしています。どんなカクテルが選ばれたのか、飾りつけはどんなだったか、スタンダードカクテルでも日々進化しているので、最新の情報を知っておきたいからです。そのまま店に取り入れられるものがありますし、難しいものもあります。そうした情報を伝えるのも支部の役割だと思います。
 店のスタイルも地方だからというわけではありませんが、私はカジュアルで気軽に入れて、おいしいカクテルが飲めるというスタイルが好きです。看板もないようなオーセンティックなバーもいいのですけれど、お客様の間口が広いことは大事です。この店を、早い時間は食事が中心になるダイニング&バーにしたのも、そう考えたからです。地方だと新規のお客さまだけでやって行ける店はありません。長くお客さまに寄り添って進んでいきます。ちょっと話がずれました。(笑)

−− 松下さんはお生まれも倉敷ですか?
倉敷の街バルイベント「ハレノミーノ倉敷」。松下さんが初回から実行委員長を務めている松下 はい。倉敷で生まれ、倉敷で育ちました。

−− 生まれた町で好きなご商売ができるのは素敵ですね。地方都市では若者が大都市に出て行ってしまいます。倉敷には若者が残れるのですね。
松下 実は倉敷の街バルの実行委員長もやっています。飲食店の食べ歩き飲み歩きのイベントで去年が6回目でした。バー業態だけでなく居酒屋やレストランなど60店舗くらいが参加します。チケットは1500枚くらい売れるイベントです。

−− いいですね。でも、こういうのはどういうふうに始まるものなのでしょうか? 誰かが言い出して、具体的にこうやろうと動き出すのは。
松下 これは私が最初に「やろう」と言い出して、みんなに声をかけたら乗ってくれて始まりました。

−− すごいなあ。最初から赤字を出さずに済みましたか?
松下 最初の年だけ印刷費の一部を私が立て替えましたけれど、今はそんなこともありません。わずかですが利益も出ます。

−− すばらしい。それで打ち上げができますね。
松下 いえ、打ち上げには使いません。経理担当が、みんなで稼いだお金をスタッフが自分たちに使うなんてとんでもないと言いまして。こういう仲間が間違った方向に行かないように助けてくれるので、名前だけの実行委員長をやっていられます(笑)。メンバーとは、お金はいずれどこかに寄付したいねと話しています。

−− 地域密着の料飲店は、町がよくならないと商売は繁盛しません。これからも倉敷の「ダイニング&バー ダナドゥア」としてご活躍されるよう祈ります。本日はありがとうございました。    ■
(2017年5月22日 於ダイニング&バー ダナドゥア 聞き手:酒文化研究所 山田聡昭)

●ダイニング&バー ダナドゥア
岡山県倉敷市鶴形1-2-28 TEL086-421-3270
http://www.danydwa.com/
●2017サントリー ザ・カクテルアワード http://www.suntory.co.jp/wnb/event/award/index.html
●サントリー バーテンダーズクラブ http://bartendersclub.suntory.co.jp/

<<前頁へ      次頁へ>>