時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集酒飲みのミカタ特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集

 
<論稿集トップへ

第1回 ハッピーを大きくしたプレミアムビール
狩野卓也


第2回 変わりゆく饗宴外交
西川恵


第3回 かかりつけの名医のみつけ方
松井宏夫


第4回 日本の赤ワインの礎「マスカット・ベーリーA」
坂田 敏


第5回 週末はいつもアウトドア
廣川健太郎


第6回 不可能の壁を超える実践優位のマーケティング
石井淳蔵


第7回 ブレンダーという仕事
輿水精一


第8回 過去の体験が濾過されて曲になる
村井秀清


第9回 グラスはつくり手と飲み手をつなぐ
庄司大輔

第10回 落語を世界へ 英語で伝える日本の話芸
立川志の春


第11回 和食は「ご飯がたべたい」料理の文化
阿古真理


第12回 若者のための酒場歩きガイド
橋本健二


第13回 画像で気持ちが伝わる ネット口コミが市場を動かす
徳力基彦


第14回 創業60周年 復活した十三トリスバー
江川栄治


第15回 カクテルバーのコミュニティ
豊川紗佳


第16回 次に目指すは日本のバー文化の底上げ
坪倉健児


第17回 カクテルアワード受賞経験を倉敷で活かす
松下知寛

第18回 地域でつくるオペラアカデミー「農楽塾」
中嶋彰子

第19回 「消費されるワインの最高峰」を目指して
椎名敬

第20回 ウイスキーと映画そしてケルト文化
武部好伸

第21回 日本の夜の公共圏スナックの将来
谷口功一

第22回 日本ワインをさらに輝かせるために
遠藤利三郎

第23回 女子が大衆酒場を元気にした
倉嶋紀和子

酒論稿集
酒器論稿

ウイスキーと映画そしてケルト文化
『ウイスキー アンド シネマ2』(左)は淡交社から好評発売中。上は前著■酒好きのケルト文化に魅せられて
−− そこからケルトですか。
武部 はい。ケルトはおもしろいなあ、リタイヤしたら調べてみようと漠然と思ったのでしたが、40歳で新聞社を辞めたので、そこからケルト探究です。欧州の各地を歩いてケルト文化を調べたのをまとめたのが『ケルト 紀行シリーズ』全10巻(彩流社)です。
 古代ケルト人は酒が大好きなんです。ドナウ川の中流域が発祥ですけれど、もともとは大麦でつくるどろどろの粥のような酒を飲んでいました。それが南方にワインがあることを知って、アルプスを越えてイタリアのローマの手前まで南下します。ボローニャの地名はケルトに由来しているし、パリもケルト系のパリシー族がいたところです。今のスペインやフランスのあたりと盛んに交流し、ケルト文化が浸透していきます。

−− ほーう。そんなに広範囲に広がったのですか。ではケルトの遺跡もあちこちに?
武部 遺跡は南ドイツのあたりにたくさん残っています。ケルトがつくったのは砦で、その跡がある。欧州の歴史はローマによる侵略の歴史でもあり、ケルトもローマに侵略されます。それでも文化は深く浸透して、スペイン北部のガリシア地方やローマに侵略されなかったスコットランド、アイルランドには色濃く残りました。

−− ケルトがローマによって辺境に追われたということですか?
武部 従来はそう考えられてきたのですが、ケルト人が逃げた痕跡がないのです。侵略することなく、交流によって広く浸透していたケルトの文化が、そのまま広がって今に伝わっているという考えに変わってきています。

■映画のウイスキーシーンの探し方
−− ところで『ウイスキー アンド シネマ』の数々のウイスキーの登場シーンは、すべて武部さんご自身で探したのですか?
武部 一作目と最初に出した『シネマティーニ』はほとんど自分の手持ちのネタです。今回出した続編(『ウイスキー アンド シネマ2 心も酔わせる名優たち』)はいろいろな方から教えていただいたものも入っています。

−− 読者の方からこんなのもあるよというお便りもありそうです。
武部 ええ、そんなのもありますし、映画会社の年配の方に教えてもらったものもあります。バーで店の人と映画の話をしていてひょっこり出てきたものもありました。一昨年夏の夕暮れに天王寺で知らないバーにたまたま入って、ハイボールを飲みながらバーテンダーと映画の話になったんです。こっちの身分は明かしていませんよ。若い方でしたが、「ミニチュアのウイスキーでチェッカーをやる映画があった。『なんとかの男』というタイトルだ」と言うんです。「なんとかの男」では探しようがないのですが(笑)、レンタルビデオなどで片っ端から探していって、1年半くらい後で見つけました。『ハバナの男』という映画です。『2』に入っていますので、ご興味のある方は買って読んでみてください。

−− 「買って」というところが大事ですね。
武部 そのとおり(笑)。

−− ところで映画を見ていてもウイスキーが出てくると、何の銘柄だろうとか気をとられて筋を追えなくなることはありませんか。
武部 よくあります。案内状をもらった試写会で作品の中にウイスキーが出てくると、ストーリーがわからなくなって映画の評論を書けない。そんな時はもう一回見たり、DVDを貸してもらったりしています。見たこともない、知らないボトルが出てくれば、詳しいバーマンに聞きに行きます。バーボンのことならあの人、オールドボトルならこの方というすごい方がいらっしゃいます。もっともそういう場合は聞いてみたらフェイク(架空)だったということが多いです。


<<前頁へ      次頁へ>>