時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集酒飲みのミカタ特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集

 
<論稿集トップへ

第1回 ハッピーを大きくしたプレミアムビール
狩野卓也


第2回 変わりゆく饗宴外交
西川恵


第3回 かかりつけの名医のみつけ方
松井宏夫


第4回 日本の赤ワインの礎「マスカット・ベーリーA」
坂田 敏


第5回 週末はいつもアウトドア
廣川健太郎


第6回 不可能の壁を超える実践優位のマーケティング
石井淳蔵


第7回 ブレンダーという仕事
輿水精一


第8回 過去の体験が濾過されて曲になる
村井秀清


第9回 グラスはつくり手と飲み手をつなぐ
庄司大輔

第10回 落語を世界へ 英語で伝える日本の話芸
立川志の春


第11回 和食は「ご飯がたべたい」料理の文化
阿古真理


第12回 若者のための酒場歩きガイド
橋本健二


第13回 画像で気持ちが伝わる ネット口コミが市場を動かす
徳力基彦


第14回 創業60周年 復活した十三トリスバー
江川栄治


第15回 カクテルバーのコミュニティ
豊川紗佳


第16回 次に目指すは日本のバー文化の底上げ
坪倉健児


第17回 カクテルアワード受賞経験を倉敷で活かす
松下知寛

第18回 地域でつくるオペラアカデミー「農楽塾」
中嶋彰子

第19回 「消費されるワインの最高峰」を目指して
椎名敬

第20回 ウイスキーと映画そしてケルト文化
武部好伸

第21回 日本の夜の公共圏スナックの将来
谷口功一

第22回 日本ワインをさらに輝かせるために
遠藤利三郎

酒論稿集
酒器論稿

日本の夜の公共圏スナックの将来
国産ブドウで国内醸造のワインを「日本ワイン」と表示できるようになり、同時に地理的表示(GI)の整備が進められ山梨が認定された http://www.wine.or.jp/g.i.yamanashi/index.html■ワイナリーを評価するアワード

−− 日本ワインコンクールでの上位入賞を見るとサントリーやメルシャンなど大手が多く、ワインづくりの技術の確かさを感じます。試さないのはもったいないと思います。歴史的に見ても大手のワイナリーが日本ワインをリードしてきました。
遠藤 そうなんです。で、ブームが終焉する前に何をしたらいいだろうかといろいろ考えました。基本的には「日本ワインにはおいしいものがこんなにあるよ」というのをわかるようにして、悪い評価に引っ張られないようにしておきたい。コンクールやポイントをつける雑誌の評価は銘柄ごとですが、ハイエンドの少量しかつくれないワインだけが良くてもあまり意味はありません。受賞したとたんに売り切れてしまい手に入らない。でもワイナリー単位で評価したら、トップのものは手に入らなくとも、そのワイナリーの入手しやすいワインを楽しむことができる。ボトムからトップまで総合的に見てワイナリーを評価することで、良質な日本ワインと出会うようお手伝いできる。そのように考えてスタートしたのが「日本ワイナリーアワード」です。

−− 日本ワイナリーアワードは審査員と評価方法が非公開になっています。オープンにしたら信頼性が増すと思いますがなぜ公開しないのですか?
遠藤 その点はさまざまな方面からたくさんのご意見をいただきました。まず審査員についてですが、敢えて醸造家を入れませんでした。醸造の先生方はすばらしいワイン、きれいなワインをつくる技術を持っています。ですが消費者に受け入れられるワインかどうかは別だと思っています。それで消費者にいちばん近いところにいるプロ、ワインジャーナリスト、ワインショップ、ソムリエなどに審査員をお願いしました。彼らは品質の良し悪しに加えて、消費者から見て魅力的かどうかという目で見ています。消費者から見てというところを一番大事にしたいと思いました。さらに海外のワインも知っていて日本ワインを客観視できる。かつ売れない時代から日本ワインを10年以上扱ってきた人たちです。

日本ワイナリーアワードのホームページ。今年は5星10 場、4 つ星13 場、3 つ星47 場、コニサーズワイナリー25 場の計95 場を表彰した−− なるほど。ワイナリーとご商売している方々が審査員なら、名前を出しにくいのはわかります。
遠藤 取引に差し障りが出ることもあるので、匿名でなら協力するという方3分の1以上いまして、一部だけ公開するのもバランスがよくないと考えてすべて伏せることにしました。この点はご批判をいただいているところで、アワードの信憑性にも関わりますから、次回は名前を出せる方だけに審査員をしていただこうと検討しています。

−− 審査方法はどうなっているのでしょうか?
遠藤 すべて試飲することは物理的にも金銭的にもできないので、せめて代表的な赤白1本ずつ購入して試飲しようと考えました。でもいいものだけを出品されても困りますし、リーズナブルなものもしっかり見たい。そうして行きついたのが“10年以上日本ワインの販売してきた経験”という条件です。要するに今さらテイスティングしなくとも、お客様からどのワイナリーがいいですかと質問された時に、ためらいもなくここですと言うことができる人だということです。彼らはみなワイナリーのリストを見ただけで評価できます。

−− 消費者とワイナリーの間に立って経験を積んだ方だからできることですね。
遠藤 対象とするワイナリーは設立から5年以上のところに限りました。できたばかりのワイナリーはブドウが安定していませんし、ワインの熟成期間も考えると審査対象としては5年からだろうと。今回は201場が対象になりました。

−− 結果はメディアに大きく採りあげられました。ワイナリーの反響はいかがでしたか?
遠藤 いろいろな反響がありましたが、ワイナリーからは高く評価されたことへのお礼が多かったです。なかには「なぜうちが3つ星なの(5つ星ではないの)」とか(笑)、「5つ星をいただくにはどうすればいいと思いますか」と助言を求められることもありました。

−− 表彰式には、5つ星に評価されたワイナリーはほとんど出席されていました。
遠藤 忙しいなかご出席いただけてうれしかったです。あまり表に出たがらない方も、主旨をご理解いただいて、お越しくださいました。

■目指すワインの設計図をつくらせる

−− これだけワイナリーを始めたいという方がいると、ワインづくりやワイナリー経営を学ぶ場が必要になります。長野や北海道などあちこちで始まっていますが、遠藤さんは塩尻のワイン大学の学長もお務めです。
遠藤 最初にお話しましたがワイナリーをやりたいという人の多くは、憧れだけで入ってきます。最初に彼らに言うのは、つくりたいワインではなく、売れるワインをつくらなければダメだということです。ワイナリーは経営なのですから。そのためには世界中のあらゆるワインを飲んで、売ることを念頭に置いて自分はどんなワインをつくりたいのか考え設計図をつくる。ブドウ栽培や醸造の勉強ももっと必要で、あいまいな設計図でスタートしてブドウを植えてしまったら後戻りできませんから。

−− 塩尻ワイン大学は今回で何期目ですか。
遠藤 2期目です。1期4年間でやりまして、ノウハウもたまりましたので2期目からは3年間で卒業するカリキュラムにしました。生徒数は約20名です。塩尻ワイン大学の特徴はワインの醸造、ブドウの栽培だけでなく、ワイナリー経営、補助金の取り方、農家とのマッチング、フォークリフトの運転まで、非常に幅広くかつ実務的なことをやります。

−− 参加者は全国から?
遠藤 地元の方が半分で、半分は首都圏からという感じです。

−− 指導をしつつ最初におっしゃったような危うさをお感じなのですね。
遠藤 はい。危なっかしいと感じます。近年立ち上げられた多くのワイナリーが、味わいについて言えばよくも悪しくも個性的。いいところはすばらしいのですが、そこまでの品質レベルに達していないものがあります。本人は自分が自然につくったワインだというのですが、消費者がおいしくないと気づいたら売れなくなります。経営基盤のないところに、夢のようにできたワイナリーは脆いものです。ワインづくりをしっかり勉強している方のワインは、個性的でもおいしい。醸造家の先生はもっときれいでなければとおっしゃるかもしれませんが、複雑味が出てすばらしい味わいになります。

−− 日本ワイナリーアワードはそうした状況に一石を投じました。
遠藤 これで来年、再来年と少しずつ認識されるようになればいいのかなと。もともと絶対的な評価になるとは思っておりませんで、こうした提言をすることで、ワイン単品ではなくワイナリー全体を評価するという見方をする人が増えるといいと思うのです。

−− ホテルの格付けのような感じしょうか。星の数がサービスレベルを示していて、いろいろな部屋があるけれど、どれも格付け相応に価格に見合った居心地のいいサービスが期待できるというような。日本ワイナリーアワードの問題提起は、日本ワインの健全な発展に繋がると思います。本日はありがとうございました。 



(2018年6月21日 於プロント東京スカイツリーイーストタワー店 聞き手 山田聡昭)

<<前頁へ      次頁へ>>