時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集酒飲みのミカタ特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集

 
<論稿集トップへ

第1回 ハッピーを大きくしたプレミアムビール
狩野卓也


第2回 変わりゆく饗宴外交
西川恵


第3回 かかりつけの名医のみつけ方
松井宏夫


第4回 日本の赤ワインの礎「マスカット・ベーリーA」
坂田 敏


第5回 週末はいつもアウトドア
廣川健太郎


第6回 不可能の壁を超える実践優位のマーケティング
石井淳蔵


第7回 ブレンダーという仕事
輿水精一


第8回 過去の体験が濾過されて曲になる
村井秀清


第9回 グラスはつくり手と飲み手をつなぐ
庄司大輔

第10回 落語を世界へ 英語で伝える日本の話芸
立川志の春


第11回 和食は「ご飯がたべたい」料理の文化
阿古真理


第12回 若者のための酒場歩きガイド
橋本健二


第13回 画像で気持ちが伝わる ネット口コミが市場を動かす
徳力基彦


第14回 創業60周年 復活した十三トリスバー
江川栄治


第15回 カクテルバーのコミュニティ
豊川紗佳


第16回 次に目指すは日本のバー文化の底上げ
坪倉健児


第17回 カクテルアワード受賞経験を倉敷で活かす
松下知寛

第18回 地域でつくるオペラアカデミー「農楽塾」
中嶋彰子

第19回 「消費されるワインの最高峰」を目指して
椎名敬

第20回 ウイスキーと映画そしてケルト文化
武部好伸

第21回 日本の夜の公共圏スナックの将来
谷口功一

第22回 日本ワインをさらに輝かせるために
遠藤利三郎

第23回 女子が大衆酒場を元気にした
倉嶋紀和子

酒論稿集
酒器論稿

日本の夜の公共圏スナックの将来
消えゆく横丁。さまざまな規制でそのままの建て替えはできない地区が多い■10年で広がったウイスキー・ハイボール
−− ところで10年前と比べて大衆酒場のメニューは変わりましたか?
倉嶋 そうですね、ずっと変わらないところもあれば、若い女性が増えたからか小洒落たおつまみを加えたところもあります。

−− アヒージョとかが出てきちゃう?
倉嶋 そういう感じです。お酒では赤羽のまるます家さんの「ジャン酎モヒート」でしょうね。『ハイリキ』の1リットル瓶をジョッキに注いで、ミントの葉を入れてライムを搾る。『ハイリキ』1リットル瓶のオーダーが入るとお店の方が隠語で「ジャン酎」と言っていたのを、そのまま名前にしたのです。

−− あれはそういう云われなのですか。大きなジョッキに注ぐから、ジャンボ酎ハイモヒートを略したのだと思っていました。
倉嶋 朝から飲んでるようなお父さんたちが葉っぱを入れたモヒートを飲んでいるのです。ニコニコして「これ知ってる?」とか言いながら。かわいいでしょう(笑)。

−− まあ、大きく見るとドリンクで1番変わったのはウイスキー・ハイボールではないですか。11年前にはほとんどの大衆酒場にウイスキー・ハイボールはありませんでした。
倉嶋 そうですね。ハイボールと言えば焼酎ハイボールのことでした。ハイボールとも言わず『ボール』と呼んだりする。それが今はどの店にもあって、ハイボールと言えばウイスキー。こんなにウイスキーが飲まれるようになるとは思いませんでした。

−− 酒場もウイスキー・ハイボールをよく受け入れたと思うのですよ。ビールとチューハイで間に合っているのに、わざわざメニューを増やすのですから。
倉嶋 ほんとうにそうですね、オペレーションも増えますしね。

ジョッキで飲むウイスキー・ハイボールが津々浦々に広がった−− お酒屋さんやサントリーさんが、熱心におすすめになったのだと思いますが、劇的な変化です。ゼロを100にしたのですから。
 ウイスキーは平成になってから厳しい状態が続いていました。軽くて飲みやすいものやシェリー樽の甘い香りの商品を出したり、ハーフロック(ウイスキーと水を1対1にしたオンザロック)を提案したり、さらに海外のコンテストではトップをとり続けても、国内の市場はほとんど反応がありませんでした。ウイスキー・ハイボールは、ジョッキで飲ませることで、最初の1杯目を獲れたのがよかったのかなぁ、飲みのスタートは『とりあえずビール』というスタイルが揺らいでいたところに、うまく入り込みました。


■始めます 酒&酒場の文化活動
−− 倉嶋さんはおんな吉田類ばりに居酒屋巡りのテレビ番組に出演されていらっしゃいますが、酒場で「あっ倉嶋さんだ」とか注目されたりしませんか?
倉嶋 今のところそれはないです。飲んでいると、時々、「見てますよ」って声をかけられるくらい。『まずい、これは汚い飲み方はできないぞ』と背筋が伸びます(笑)。

−− 番組はまとめて収録するのでしょう?
倉嶋 私の番組は2本分まとめて撮ります。撮影でもしっかり飲んでいるので、収録中はずっといい気分ですね。

−− おつまみも食べていませんか、出されたものを残せないタイプではないかと。
倉嶋 ええ、しっかりいただいて、着々と大きくなりました(笑)。『古典酒場』を出しているときは、始める前より15キロも太りました。お店を探して飲み歩き、掲載の後はお礼かたがた飲みに行くというパターンでしたから。休刊したら落ち着いて、5キロくらい減ってそのままです。

−− 休刊が2013年だから6年間やったのですね。休刊したのはやっぱり部数が減ったり、広告が入りにくくなったからですか?
倉嶋 それもありますけれど、大衆酒場に行く流れができたので、水先案内人としての役割は終わったのかなと思ったことが大きいです。ネットでも紙(媒体)でもお店を紹介するところはたくさんあるので。

−− その後はどんな活動を?
倉嶋 酒や酒場の文化的なことをやりたいと思っています。休刊した後に出した唯一の本は『熊本 酒援酒場』です。2年前の熊本の震災の時に、熊本のお酒屋さんから熊本のお酒を買って、飲んで食べて応援しようと呼びかけました。熊本の出身なのでできることをしたいと。『古典酒場』最終号で東北の石巻をとりあげたのは、雑誌の紙をつくってもらっていた日本製紙さんの石巻工場が被災されていまして、お世話になった皆さんに何かしたいと、工場の酒好きの方々と地元の酒場に一緒に飲みに行ったことも記事にしました。

自身で大きな被害のあった熊本を応援する『熊本 酒援酒場』(2016年4月/三栄書房刊)−− 吉田類さんが東日本大震災の後からずっと復興支援のイベントをやっていますが、倉嶋さんはあれにも参加されています。
倉嶋 『吉田類と仲間たち』は類さんが仲間に呼びかけて、飲んで応援しようと始めたもので、会場は笹塚ボウルさんにご協力いただいています。第1回目から私もご一緒させていただいております。熊本の震災後は、熊本から取り寄せたお酒も振る舞うようになり、音楽を聴きながらみんなで飲む。ずっと続いていて、12回目を数えた今年は、参加者が過去最高を更新しました。

−− 倉嶋さんには酒や酒場を通じてできることが、まだまだたくさんありそうです。最後に大衆酒場に来るようになってきた若い世代にひと言お願いします。
倉嶋 昔に比べたら大衆酒場に若い女の子は増えましたが、男の子はそうでもないように感じます。女性に連れられて来ている印象なので、しばらくは若い女性に酒場にもっと通って欲しいと思います。女の子が酒場に来ると、お店も常連のおじさんたちも笑顔になって元気が出ます。女の子は酒場とお客さんの寿命が伸ばします。どんどん行ってください。

−− 本日はありがとうございました。 ■


(2018年9月25日 於響有楽町店/聞き手 山田聡昭・酒文化研究所)

<<前頁へ      次頁へ>>