時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集酒飲みのミカタ特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集

 
<論稿集トップへ

第1回 ハッピーを大きくしたプレミアムビール
狩野卓也


第2回 変わりゆく饗宴外交
西川恵


第3回 かかりつけの名医のみつけ方
松井宏夫


第4回 日本の赤ワインの礎「マスカット・ベーリーA」
坂田 敏


第5回 週末はいつもアウトドア
廣川健太郎


第6回 不可能の壁を超える実践優位のマーケティング
石井淳蔵


第7回 ブレンダーという仕事
輿水精一


第8回 過去の体験が濾過されて曲になる
村井秀清


第9回 グラスはつくり手と飲み手をつなぐ
庄司大輔

第10回 落語を世界へ 英語で伝える日本の話芸
立川志の春


第11回 和食は「ご飯がたべたい」料理の文化
阿古真理


第12回 若者のための酒場歩きガイド
橋本健二


第13回 画像で気持ちが伝わる ネット口コミが市場を動かす
徳力基彦


第14回 創業60周年 復活した十三トリスバー
江川栄治


第15回 カクテルバーのコミュニティ
豊川紗佳


第16回 次に目指すは日本のバー文化の底上げ
坪倉健児


第17回 カクテルアワード受賞経験を倉敷で活かす
松下知寛

第18回 地域でつくるオペラアカデミー「農楽塾」
中嶋彰子

第19回 「消費されるワインの最高峰」を目指して
椎名敬

第20回 ウイスキーと映画そしてケルト文化
武部好伸

第21回 日本の夜の公共圏スナックの将来
谷口功一

第22回 日本ワインをさらに輝かせるために
遠藤利三郎

第23回 女子が大衆酒場を元気にした
倉嶋紀和子

第24回 93歳のバーテンダーがつくるカクテル「雪国」
井山計一

第25回 日本初のウイスキーのコンテストが目指すもの
土屋 守

酒論稿集
酒器論稿

日本初のウイスキーのコンテストが目指すもの
  東京ウイスキー&スピリッツコンペティション(TWSC)2019は、日本で初めて開催されたウイスキーとスピリッツのコンテストです。いちばんの特徴は審査員がすべて日本人であること。6月8日に表彰式を終えた実行委員長の土屋守さん(ウイスキー文化研究所代表)に、第一回目の手ごたえとこれからの展望をお聞きしました。

既定のフォームに従って審査酒の評価を記入していく■ジャッジは正しい 課題は採点スキル向上

−− 審査方法については、どう評価していらっしゃいますか?
土屋 スコアをつけることに慣れていない方が多かったので、基準値をつくるところを丁寧にやる必要性が明らかになりました。

−− 初日は冒頭で土屋さんがウイスキーを、テキーラ協会の林さんがテキーラについて、全員にサンプルを配ったうえでこれが70点のレベル(銅賞)と目安を提示していらっしゃいましたね。
土屋 同じことを2日目にはラム協会の海老沢さんにラムについてやってもらいましたが、スコアをつけることに不慣れなので、目安をつくるために説明しているということを十分に理解していない審査員が何人か出ました。極端に低い点をつけられると平均点がガクンと下がり、ほんらい入賞するはずのものがこぼれてしまいます。

−− 最高点と最低点はどちらも2番目のスコアに合わせることで、そうしたバイアスを排除していたのではなかったですか?
土屋 ええ。それでも2名が低い点数をつけると危ないわけで、反対に最高点は極端に高い点はなく2番目に合わせる必要はありませんでした。次回はジンやウォッカなど他の酒についても基準となる目安と、評価のポイントを解説する時間がとり、極端に低い点数がつかない工夫をするつもりです。

1フライトにつき7点の審査酒を評価。1日に3フライトを上限とした−− 評価する商品の数を1日に20〜30商品に制限していました。清酒では100を超えることもありますが、蒸溜酒ではこれくらいが限界ですか?
土屋 アルコール度数が高いのでこれ以上やるとわからなくなります。もっと多くできないことはないですが、真剣にやればやるほど難しいです。

−− 度数が高い酒の難しさですね。審査はすべてストレートですか?
土屋 そこも議論になったところです。バーテンダーの方にはジンやウォッカの評価でカクテルにした時にどうかという目線が要るという意見もあります。水で割って香りが立つようにして審査という声もある。ですが何かを加えて提供するのは、同じ状態でお出しすることが極めて難しい。検討した結果、すべてストレートで提供し、ストレートで評価することにしました。ただ、自分で加水して味を見るのは自由です。この点は審査員に任せました。

−− 先ほどの審査員の採点スキルの未熟さから、審査が公平性を欠いたということはありませんか?
土屋 それはありません。最終的には高い採点スキルと持つ審査員がチェックしています。つぶさに結果を見ていくと、むしろジャッジは正しいという思いを強くしました。入賞した酒を見て、同じ蒸溜所の18年のほうが12年よりスコアが低いのでテイスティングし直したのです。すると12年のほうがいいと全員が納得できた。課題はありますが、総じてわれわれのジャッジには自信を持っています。

−− 10年後、採点スキルの習熟した審査員が育つ頃には、ものすごいコンテストになりそうです。
土屋 そうなるように、しっかり続けていきます。

審査の裏方を大勢の運営ボランティアが支えた日本発の蒸溜酒コンテストを目指す

−− ところでメーカーの立場からコンテストに出品する理由を考えると大きくは2つあると思います。ひとつは入賞すれば推奨しやすく販売促進につながるという点、もうひとつは製造担当者や社内のモチベーションアップという点です。TWSCではどのようにお感じでしょうか?
土屋 洋酒についても同じことが言えると思いますが、われわれのコンテストに関しては、あるメーカーの方から日本人の評価を知ることができることが重要と言われました。欧米のコンテストで高く評価されても、日本人が見た時に同じように評価されるかどうか、これまではわかりませんでした。日本市場を開拓したいと考えている海外の商品にとっても、日本人にどう評価されるかは気になるところで、大きな賞を受賞すればビッグチャンスになります。

−− 海外の商品の出品は日本のインポーターが出品しているのでしょうか?
土屋 インポーターからの出品もありますが、アイルランドやハワイなどのクラフト蒸溜所のように、ダイレクトにエントリーしてきたケースも少なくありません。人づてに聞いたとか、インポーターから連絡があったとか、日本に旅行に来ていて知ったとかさまざまです。
 日本の大手のメーカーからも出品いただくことができました。ご存じのとおりジャパニーズウイスキーは、上級品はほとんど手に入らない状況です。このタイミングでコンテストを開催することは、けっしていいタイミングでないと承知しています。金賞を受賞しても市場に出す商品がないのですから。にもかかわらずサントリーさんをはじめ国内のメーカーにご理解、ご協力をいただけたことは感謝の気持ちしかありません。

大会のシンボルとして写真家の藤原新也氏が揮毫した「命」−− このタイミングでのコンテストの開催は、国内外で次々に小規模な蒸溜所が誕生していることも影響していますか?
土屋 それはあります。日本でも毎年ウイスキーやジンの蒸溜所が増えて、すでに60あります。アイルランドは40ほどで、資金的に余裕のあるようでクラフトという概念を超えた規模で動いています。台湾にも第3のウイスキー蒸溜所ができました。ウイスキーやスピリッツの世界でのこうした意欲的なチャレンジを応援したいと思っています。そして今回の結果を見ると、TWSCは彼らを、特にアジアの蒸溜所を勇気づけることができたのではないかと思います。
 焼酎メーカーから次は焼酎部門をつくって欲しいという要望も多数あります。日本の蒸溜酒のコンテストとしてそれも考えなければならないでしょう。

−− 日本発の蒸溜酒の本格的なコンテストとして、大きく発展していきそうですね。これからも期待しています。本日はありがとうございました。■

(2019年5月16日 於ウイスキー文化研究所会議室 聞き手 山田聡昭・酒文化研究所)

<<前頁へ      次頁へ>>