時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集酒飲みのミカタ特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集

 
<論稿集トップへ

第1回 ハッピーを大きくしたプレミアムビール
狩野卓也


第2回 変わりゆく饗宴外交
西川恵


第3回 かかりつけの名医のみつけ方
松井宏夫


第4回 日本の赤ワインの礎「マスカット・ベーリーA」
坂田 敏


第5回 週末はいつもアウトドア
廣川健太郎


第6回 不可能の壁を超える実践優位のマーケティング
石井淳蔵


第7回 ブレンダーという仕事
輿水精一


第8回 過去の体験が濾過されて曲になる
村井秀清


第9回 グラスはつくり手と飲み手をつなぐ
庄司大輔

第10回 落語を世界へ 英語で伝える日本の話芸
立川志の春


第11回 和食は「ご飯がたべたい」料理の文化
阿古真理


第12回 若者のための酒場歩きガイド
橋本健二


第13回 画像で気持ちが伝わる ネット口コミが市場を動かす
徳力基彦


第14回 創業60周年 復活した十三トリスバー
江川栄治


第15回 カクテルバーのコミュニティ
豊川紗佳


第16回 次に目指すは日本のバー文化の底上げ
坪倉健児


第17回 カクテルアワード受賞経験を倉敷で活かす
松下知寛

第18回 地域でつくるオペラアカデミー「農楽塾」
中嶋彰子

第19回 「消費されるワインの最高峰」を目指して
椎名敬

第20回 ウイスキーと映画そしてケルト文化
武部好伸

第21回 日本の夜の公共圏スナックの将来
谷口功一

第22回 日本ワインをさらに輝かせるために
遠藤利三郎

第23回 女子が大衆酒場を元気にした
倉嶋紀和子

第24回 93歳のバーテンダーがつくるカクテル「雪国」
井山計一

第25回 日本初のウイスキーのコンテストが目指すもの
土屋 守

第26回 フランスにSAKEが受け入れられる理由
宮川圭一郎

酒論稿集
酒器論稿

日本初のウイスキーのコンテストが目指すもの
Kura Master2019 審査会。審査酒の評価をテーブルごとに真剣に議論する■ガイドブック・スクール・生産者の三点セット
−− 今年の審査会ではフランスを中心に欧州の各地から93名のソムリエが集まりました。初年度が32人、昨年が58人と着々と増えています。
宮川 来年は100名を超えるでしょう。一度参加された方が次回もやりたい!と言ってくれているのは本当に嬉しいことです。

−− それだけSAKEへの関心が高まっているということでしょうか?
宮川 そうだと思いますが、まだまだ怖がっているように感じます。日本人がワインを始めてトライした時に酸っぱいとか渋いとか、なかなか馴染めませんでした。フランス人も構えずに楽しむようになるには時間が必要です。しかしSAKEは製法も複雑で味わいも豊かです。彼らの恐怖心を超えさせる力があります。SAKEには日本の稲作や食の文化を背景に、芸術の域にまでつながる歴史があるのです。このことを絶対に忘れてはいけないと思っています。

審査委員長のグザビエ・チェイザ氏(中央)、審査員のデンニ氏(左)、宮川氏(右)−− 宮川さんはL’Ecole des Maitres des Sake ParisというSAKEの学校をつくり、講師も始めたそうですね。
宮川 はい。これから教育こそが大事だと信じています。学校の設立の目的は日本酒の教育者養成です。新しい酒の普及にはその成り立ちを理解するガイド役になる本や、知識を深めるスクールが欠かせません。日本でのワインの普及がそうであったように、SAKEのガイド役になる本も英語だけでなくさまざまな言語で発行されてきています。2014年はフランス語で初めての教材をつくりました。それでSAKEの伝道師となるソムリエ達が学び始めました。そして、最近ではSAKEを販売するフランス人の方が増え販売も加速し、製造に乗り出す方まで現れました。いまやアメリカ、フランス、スペイン、イギリスなど次々に現地の方がSAKEをつくり始めています。学ぶ人、販売する人、つくる人の三点セットが揃うとその酒がその国で広まっていくのです。


■フランスの食文化がSAKEを後押し
−− Kura Masterで入賞した酒はすすめやすいと言われるそうですが?
宮川 海外ではそうした声を最近よく頂戴するようになりました。「フランスのソムリエ達が評価したものだ」と言うと、皆さん安心して選ぶのだそうです。世界中で評価されているフランスのワインや美食の文化の一つとして、今、世界のSAKEの普及にも影響を与えつつあるようです。これは非常に嬉しいお褒めの言葉と受け取っています。

−− フランス、あるいはソムリエの発信力の強さですね。
宮川 ソムリエの語る力の強さでしょう。SAKEという文化、歴史、芸術性をワインのように物語ってくれます。また、ワインの苦手な相性をカバーできる醸造酒という点や旨味(Umami+)を多く含み、二酸化硫黄(SO2 free)を使用しないことなどを知るようになってきていることからも、ソムリエにとってSAKEは必要なものと感じ始めています。審査員の数が増えていることが、それを証明しているのではないでしょうか。
 SAKEはシャンパンのように、値段は高いけれどもどこのレストランやカフェにも必ずあるという姿。こんな方向を目指すといいと考えています。


■フレンチ・フュージョンを開拓せよ
−− 最初にSAKEの販売に携わったころにパリで吟醸酒を相当売ったそうですね。
宮川 はい。それまで入って来ていたのは本醸造や純米酒タイプが多かったですね。フランスは香りを重視する香り文化なのに対して、日本は味文化です。香りが立つ酒は一般には評価されませんでした。日本では吟醸酒は香りが立ちすぎて食事をしながら飲むには不向きという声があったほどで、器は猪口や平杯でした。しかし、初めてSAKEを飲むフランス人にとってはフレッシュでフルーティな吟醸酒は、ワインとも違い新鮮に感じるようです。そこで吟醸酒をレストランにすすめてきました。

−− 吟醸酒が若い新しいユーザーを開拓したのは日本でも同じです。高い香りは入門酒として驚きがありますから。
宮川 1990年頃から新しいタイプに挑戦し、素晴らしいSAKEをつくる酒蔵が次々に出てきました。私が丁度パリで売り始めた頃に、そのようなSAKEを販売できるようになったのは幸運だったと思います。「時」こそ重要であると、今もつくづく思っています。

−− 日本からパリに売り込みに来る酒蔵も増えたのではありませんか?
宮川 はい、大勢いらっしゃいます。ただ既にSAKEを扱っている店に行きがちです。これでは銘柄を差し替えるだけで、一つ入れば一つ消えます。SAKE全体としては増えると言えません。ですからまだSAKEを扱っていない店、フレンチやフュージョンのレストランへの売り込みにチャレンジして欲しいのです。最近ようやくフュージョン系のカジュアルな店にもSAKEが入り始めました。Kura Masterで地ならしを進めるので、SAKEの新規店をどんどん開拓して欲しいと思います。

−− 最近はあえて酸味を強調したSAKEも増えています。先ほど白ワインの酸味が嫌われているとおっしゃいましたが、この動きはどう見ますか?
宮川 SAKEは酸味がワインに比べてかなり少ないのです。甘くマイルドは良いのですが、ほどよい酸味があれば、より複雑さが出ると感じています。また、心地よい苦味もプラスに働きます。SAKEは白ワインのような印象的な酸がないので、フランス人から疲れない、ほどよい酸味だと受けとめられています。これからは綺麗なだけでなく、個性あるSAKEが明日をつくるのではないでしょうか。ぜひ、フランスのSAKEを注視してください。


2019年9月25日 於マスターズドリームハウス
聞き手:酒文化研究所 山田聡昭

<<前頁へ      次頁へ>>