時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集酒飲みのミカタ特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集

 
<論稿集トップへ

第1回 ハッピーを大きくしたプレミアムビール
狩野卓也


第2回 変わりゆく饗宴外交
西川恵


第3回 かかりつけの名医のみつけ方
松井宏夫


第4回 日本の赤ワインの礎「マスカット・ベーリーA」
坂田 敏


第5回 週末はいつもアウトドア
廣川健太郎


第6回 不可能の壁を超える実践優位のマーケティング
石井淳蔵


第7回 ブレンダーという仕事
輿水精一


第8回 過去の体験が濾過されて曲になる
村井秀清


第9回 グラスはつくり手と飲み手をつなぐ
庄司大輔

第10回 落語を世界へ 英語で伝える日本の話芸
立川志の春


第11回 和食は「ご飯がたべたい」料理の文化
阿古真理


第12回 若者のための酒場歩きガイド
橋本健二


第13回 画像で気持ちが伝わる ネット口コミが市場を動かす
徳力基彦


第14回 創業60周年 復活した十三トリスバー
江川栄治


第15回 カクテルバーのコミュニティ
豊川紗佳


第16回 次に目指すは日本のバー文化の底上げ
坪倉健児


第17回 カクテルアワード受賞経験を倉敷で活かす
松下知寛

第18回 地域でつくるオペラアカデミー「農楽塾」
中嶋彰子

第19回 「消費されるワインの最高峰」を目指して
椎名敬

第20回 ウイスキーと映画そしてケルト文化
武部好伸

第21回 日本の夜の公共圏スナックの将来
谷口功一

第22回 日本ワインをさらに輝かせるために
遠藤利三郎

第23回 女子が大衆酒場を元気にした
倉嶋紀和子

第24回 93歳のバーテンダーがつくるカクテル「雪国」
井山計一

第25回 日本初のウイスキーのコンテストが目指すもの
土屋 守

第26回 フランスにSAKEが受け入れられる理由
宮川圭一郎

第27回 オリーブがつなげた素敵な世界
宮川圭一郎

酒論稿集
酒器論稿

日本初のウイスキーのコンテストが目指すもの
イタリアのワイナリーのブドウ畑のそばにはオリーブが植えられている。ワインとオリーブオイルを一緒につくっているのは珍しくない■地元のふだん使いのオリーブ
−− 海外にもよく行かれるのですか?
岡井 トルコのイズミールには毎年行きます。あとはポルトガル、スペイン、ギリシア、イスラエルなどオリーブの産地ですね。国によってオリーブの加工の仕方や料理が多少違います。イズミールはギリシアの島まで高速艇で 30分くらいと近いのですけれど、トルコはイスラムだから豚の料理がありません。それで私たちは豚を食べようと言ってギリシアに行きます。イスラムとギリシア正教の違いもあるのでしょう、植えられているオリーブやハーブはよく似ているのに、トルコとギリシアでは料理がまったく違うんですよ。

地中海地域の市場にはどこでもオリーブの保存食が並んでいる。オリーブオイル、塩漬け、ピクルスのように酸味のあるオイル漬けなどが一般的だ−− ずいぶん前のことですがアテネのレストランのサラダが変な味で、何だろうと思ったらオリーブの実でした。くどくて癖が強くて口に合いませんでした。それが私のオリーブ初体験です。
岡井 現地の人が食べているオリーブオイルは酸化しているものが多いんです。それが当たり前で、私たちがおいしいと言っている高級品は富裕層しか口にしていません。スペインでポルトガルとの国境に近いところに古いオリーブ博物館を訪れたことがあって、そこでは石臼で搾る搾油器を見ました。近所の人が共同で使っていたものです。新鮮な実を搾ったのではなくて、収穫しておいたものを順番が来たら搾る。良質なオイルを得ようという発想はないので、実の状態で酸化したはずです。

−− 清酒やワインでもふだん飲んでいるものは身近すぎて繊細なクオリティを求めないということはよくあります。
岡井 同じですね。産地の人より都会の人のほうがうるさい。

『ガミラシークレット』を訪ねてイスラエルへ

−− 昨秋出版された『オリーブの贈り物』(A&F刊)にイスラエルの山奥にオリーブの石鹸工場を訪ねたお話がありました。
岡井 ガミラ・ジアーさんの章ですね。イスラム教のドゥールーズ派という少数派の女性で、子供の頃から祖母や母親がオリーブやハーブを上手に使うのを傍で見ていて、どの部分にどんな効用があるかとか、おいしい加工の仕方とかをとてもよく知っています。彼女が 30年間かけてつくったオリーブの石鹸『ガミラシークレット』は肌にいいと評判になって、世界中から注文が入るようになりました。いろいろな薬を試したけれど症状が改善しなかった治りにくい肌荒れが、この石鹸でよくなったという事例がたくさん出ています。

−− それはすごい。
岡井 石鹸が売れるようになると彼女は村の外れに工場をつくり、ユダヤ教、イスラム教、キリスト教、ドゥールーズ派と宗教の区別なく女性だけを雇用しました。彼女自身はずっと厳しい環境にあったと思いますけれど、働きたい女性をおおらかに受け入れています。

−− どちらで知り合ったのですか?
岡井 『ガミラシークレット』のプロモーションに来日した時に紹介されました。オリーブが暮らしのなかでどんな風に使われているのかを知りたいと聞くと、お手製のオリーブの塩漬けを出してくれました。とてもおいしくて、どうやってつくるのかしつこく聞いたら教えてあげるからうちに来なさいと。ふたつ返事で「行きます!」(笑)。

−− 大変な旅だったようですね。
岡井 ええ、ほんとうに。トルコでいつもお世話になっている友人を誘ったら乗ってくれて、女二人でレンタカーで行きました。飛行機でテルアビブまではよかったのですけれど、レンタカー屋さんに私たちには読めないヘブライ語名刺を見せて、「ここに行きたいからナビを設定して欲しい」と頼んだら、怪訝な顔で君たちはどこへ行きたいんだと問い返されました。どうもガミラさんの石鹸工場の簡単な説明だけで住所が書いてなかった。とりあえず近くを目的地にしておくから着いたら誰かに聞いてと。

−− なんともわくわくする出だしですね(笑)。
岡井 ナビ頼りでなんとか目的地にたどり着いたのですけれど、道を聞こうにも人がいない。ようやく見つけた子連れの女性が調べてくれて、無事にガミラさんと再会、オリーブの収穫を手伝ったり、塩漬けのつくり方を教えてもらったり、何千年もオリーブと暮らしてきた人々の暮らしに触れることができました。



<<前頁へ      次頁へ>>