時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集酒飲みのミカタ特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集

 
<論稿集トップへ

第1回 ハッピーを大きくしたプレミアムビール
狩野卓也


第2回 変わりゆく饗宴外交
西川恵


第3回 かかりつけの名医のみつけ方
松井宏夫


第4回 日本の赤ワインの礎「マスカット・ベーリーA」
坂田 敏


第5回 週末はいつもアウトドア
廣川健太郎


第6回 不可能の壁を超える実践優位のマーケティング
石井淳蔵


第7回 ブレンダーという仕事
輿水精一


第8回 過去の体験が濾過されて曲になる
村井秀清


第9回 グラスはつくり手と飲み手をつなぐ
庄司大輔

第10回 落語を世界へ 英語で伝える日本の話芸
立川志の春


第11回 和食は「ご飯がたべたい」料理の文化
阿古真理


第12回 若者のための酒場歩きガイド
橋本健二


第13回 画像で気持ちが伝わる ネット口コミが市場を動かす
徳力基彦


第14回 創業60周年 復活した十三トリスバー
江川栄治


第15回 カクテルバーのコミュニティ
豊川紗佳


第16回 次に目指すは日本のバー文化の底上げ
坪倉健児


第17回 カクテルアワード受賞経験を倉敷で活かす
松下知寛

第18回 地域でつくるオペラアカデミー「農楽塾」
中嶋彰子

第19回 「消費されるワインの最高峰」を目指して
椎名敬

第20回 ウイスキーと映画そしてケルト文化
武部好伸

第21回 日本の夜の公共圏スナックの将来
谷口功一

第22回 日本ワインをさらに輝かせるために
遠藤利三郎

第23回 女子が大衆酒場を元気にした
倉嶋紀和子

第24回 93歳のバーテンダーがつくるカクテル「雪国」
井山計一

第25回 日本初のウイスキーのコンテストが目指すもの
土屋 守

第26回 フランスにSAKEが受け入れられる理由
宮川圭一郎

第27回 オリーブがつなげた素敵な世界
岡井路子

第28回 少しの工夫で変わる飲食店のバリアフリー
大日方邦子

酒論稿集
酒器論稿

日本初のウイスキーのコンテストが目指すもの
■飲食店探しは「逆引き」したい
−− お店を探すときにバリアフリーや車いすOKというワードで検索することはありますか?
大日方 ほとんどありません。車いすで利用できる店という括りは、それはそれでいいのですけれど、利用する側はおいしい店に行きたいのであって、バリアフリーな店に行きたいわけではない。そのお店が自分たちに利用できる店なのか逆引きしたいのですね。
 車いすの利用者でも杖を使って歩ける方もいますし。車いすも100sもある重たい電動のものから折りたためる簡素なものもある。年配の方には食事をする時には車いすから降りて椅子に座って食べたいと言う方もいます。まったく一人で行くのか、介助する人が一緒なのか、全員が車いすなのか健常者もまじっているのかなど、車いすでの利用と言ってもさまざまなケースがあります。
 それらのすべてに対して利用がOKだという100%のバリアフリーは、とてもハードルが高くなってしまいます。お店からするとバリアフリーだと言いきりにくい感じがあると思いますが、「できない」という答えより、「こういうことはできます」と言っていただけると、それを見て私たちが判断できる。それなら私でも利用できたじゃないと、お互いに残念な思いをすることを避けられます。
 「お断りしております、できません」ではなく、「入口には段差がありますが、お手伝いします。お気軽にお申し付けください」とか、「搬入口から厨房を抜ける形になりますが、車いすのままご入店いただけます」とか、情報の出し方をポジティブな方向に変えるだけでバリアフリーは前に進みます。利用する私たちもそのお店に行きたいのですから、なんとかバリアを超える方法はないかと知恵を絞ります。待ち合わせ場所をお店の入口にすれば、友達に手伝ってもらって段差は越えられるなとか、トイレは隣のビルにユニバーサルトイレがあるからどうしてもの時にはそっちを使えばいけるとか(笑)。

■座敷には車いすのまま、雑巾は二枚
−− 車いすの利用者にもお店にとってトイレは大きな課題だと思いますが、どうされているのですか?
大日方 トイレに入るのに段差があったり、狭くて車いすの向きを変えられなかったりすると利用は難しいです。利用できるお店では、他のお客様の迷惑にならないようにトイレに近い席にしてもらうようにお願いします。車いすだと気を使って入口近くの席に案内されることが多いのですが、トイレに近いほうが楽です。

−− なるほど。
大日方 トイレは確かにハードとして大事なのですけれど、どうしても対応できないお店は少なくありません。でも、そこでバリアフリーに取り組む気持ちを諦めないで欲しいです。障害者たちも解決する術をもっていますから、率直に話してみてください。近くに利用できるトイレがあれば大丈夫ですとか、脊髄損傷の方には常におむつを着用していてトイレの必要がないケースもあります。「お手洗いはご利用になりますか?」と聞けば、相手はすぐに意図がわかります。使わない方のためにトイレを探す必要はありません。

−− 座敷のお店もありますが、車いすの方はどうされているのですか。降りなければなりませんか?
大日方 車いすから降りなければ利用できないと言われたら、NGという方がほとんどだと思います。慣れているところはたいてい、そのまま上がらせてもらえます。今は車いすがひどく汚れていることは稀なので、車輪を雑巾で軽く拭いて上がります。雑巾は濡れたものと乾いたもの二枚を用意するのが鉄則です。床に車輪の跡を残ったら、そのままにしておくと汚れが残り落ちにくくなってしまうので、乾いた雑巾で拭きとります。だから車いすの利用者には雑巾を持参している方もいます。
 時ー、杖をついている方が座敷に上がる時に「お預かりします」と杖を取り上げてしまうお店がありますが、杖をついたまま席についてもらったほうが安全です。お店の方に手を貸してもらえるにしても慣れない方の介助は不安なのです。こういうところは障害者自身に任せたいところですね。

■必要とする人を優先する文化
大日方さんがパラリンピックで使ったチェアスキー。これで時速100km近いスピードで滑走した−− 駅にはエレベーターが設置されましたが、車いすの方は一人ずつしか乗れない狭いものが多いように思います。数人で移動するとなると移動にとても時間がかかってしまいそうです。
大日方 そうなのです。日本のエレベーターは総じて狭い。パラリンピックには世界中から車いすの方が観戦に訪れます。彼らが公共交通機関で会場に向かう時に、まさにそうなるのではないかと危惧しています。
 ハード面だけでなく利用の仕方も変わって欲しいと思っています。欧米では車いすの方を優先的に乗せる意識が浸透しています。エレベーターが混んでいて車いすでは乗れないと、率先してエレベーターから降りて場所を空けて乗せてくれるのです。残念ながら日本ではまだ難しくて、混雑時にはいつまで待ってもエレベーターに乗せてもらえないことが珍しくありません。あるスポーツの試合の後、近くの駅で電車を何本か見送っても乗れずに困っていると、見かねた方が、我先に乗り込んだ方に「場所を譲ってあげたらどうだ」と言ってくれました。すると「なんでだよ、早い者勝ちだろうが」という答えが返ってきてとてもショックでした。しばらく心がざわついていました。

−− 東京パラリンピックを通じて、必要としている方に率先して譲る文化を育んでいきたいものですね。
大日方 ほんとうにそう思います。飲食店でも車いすの利用者のために、テーブルを動かして席をつくってくれる店は珍しくありません。時には先におかけになっていたお客様に席の移動をお願いすることもあります。きちんとお話すれば大抵の方は「いいですよ」と動いてくださいます。お店のサービスの方が「こちらのお客様のために、お席を変わっていただけないでしょうか」と、臆せずに言ってくれるようになると、日本はどんどん変わっていくと思います。パラリンピックでは日本中にそんな体験がたくさん出るはずで、とても期待しています。

■東京を満喫した障害者アスリート
−− ところで障害者アスリートは遠征先で飲みに出るものですか?
大日方 みんな遊びに出ますよ。前に日本で試合があった時には、ほとんどの選手が帰国前に東京に一泊して、秋葉原にはどう行くのとか、レインボーブリッジは渡れるかとか、私たちはコーディネーター状態でした(笑)。みな障害があっても自分たちのソリューション(問題解決)能力はあるので、彼らは少しくらいのバリアは乗り越えて好きにやります
ね。夜遅くまで飲み歩いていた人も多かったみたいです。
 来年の夏には選手だけでなく、日本のことが大好きな人が大勢で応援にやってきます。日本の飲食店を楽しみにしているはずです。

−− 遅くなるとタクシーをお使いになると思いますが、日本のタクシーは利用しやすいでしょうか?
大日方 使いやすくなりました。ユニバーサルデザインのジャパンタクシーは物理的には車いすでも問題なく利用できます。あるとしたらドライバーの方の心のバリアのですね。乗降に時間がかかるのを嫌うとか、面倒くさがるとか。

−− 来年の夏は夜もにぎやかになりそうです。本日は貴重なお話をお聞かせいただきありがとうございました。

【プロフィール】
1994年パラリンピック・リレハンメル大会にアルペンスキー選手として出場。その後、2010年のバンクーバー大会まで五大会連続出場。長野大会では滑降で優勝。現在は株式会社電通パブリックリレーションズに勤務する傍ら、公益財団法人日本障がい者スポーツ協会理事や日本パラリンピック委員会(JPC)副委員長として活動中。
(3月18日 於 日本財団パラリンピックサポートセンター/聞き手 山田聡昭) 



<<前頁へ      次頁へ>>