時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集酒飲みのミカタ特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集

 
<論稿集トップへ

第2回 変わりゆく饗宴外交
西川恵


第3回 かかりつけの名医のみつけ方
松井宏夫


第4回 日本の赤ワインの礎「マスカット・ベーリーA」
坂田 敏


第5回 週末はいつもアウトドア
廣川健太郎


第6回 不可能の壁を超える実践優位のマーケティング
石井淳蔵


第7回 ブレンダーという仕事
輿水精一


第8回 過去の体験が濾過されて曲になる
村井秀清


第9回 グラスはつくり手と飲み手をつなぐ
庄司大輔

第10回 落語を世界へ 英語で伝える日本の話芸
立川志の春


第11回 和食は「ご飯がたべたい」料理の文化
阿古真理


第12回 若者のための酒場歩きガイド
橋本健二


第13回 画像で気持ちが伝わる ネット口コミが市場を動かす
徳力基彦


第14回 創業60周年 復活した十三トリスバー
江川栄治


第15回 カクテルバーのコミュニティ
豊川紗佳


第16回 次に目指すは日本のバー文化の底上げ
坪倉健児


第17回 カクテルアワード受賞経験を倉敷で活かす
松下知寛

第18回 地域でつくるオペラアカデミー「農楽塾」
中嶋彰子

第19回 「消費されるワインの最高峰」を目指して
椎名敬

第20回 ウイスキーと映画そしてケルト文化
武部好伸

第21回 日本の夜の公共圏スナックの将来
谷口功一

第22回 日本ワインをさらに輝かせるために
遠藤利三郎

第23回 女子が大衆酒場を元気にした
倉嶋紀和子

第24回 93歳のバーテンダーがつくるカクテル「雪国」
井山計一

第25回 日本初のウイスキーのコンテストが目指すもの
土屋 守

第26回 フランスにSAKEが受け入れられる理由
宮川圭一郎

第27回 オリーブがつなげた素敵な世界
岡井路子

第28回 少しの工夫で変わる飲食店のバリアフリー
大日方邦子

第29回 木桶職人復活プロジェクト
山本康夫

第30回 ボルドーの経験を日本ワインにフィードバック
椎名敬一


第31回 酒の楽しさのメッセンジャーを目指して
西村まどか


第32回 芸者文化の保持に欠かせない外国人
深川芸者・社会人類学者

酒論稿集
酒器論稿

酒の楽しさのメッセンジャーを目指して
てんぷらと禅■基礎がわかったから酒蔵ごとの違いが見えた
−− ご自宅で日本酒を飲む時はどんな器をお使いですか?
西村 唎酒師の勉強を始めてからワイングラスを使うようになりました。お酒に色や粘度を見たり香りがわかりやすかったりするので。

−− 日本酒が好きになると酒器が増えるんですよ。いいのを見つけると欲しくなる。
西村 もう集めたくなってきています(笑)。かわいいお猪口が多いんです。

セミナーに参加−− 骨董市が好きでよく出かけますが掘り出し物があって楽しいですよ。酒器ばかり見ていて、どんどん溜まるので、家族から冷ややかな視線を浴びせられています(笑)。唎酒師のお話に戻しますけれど資格を取ろうと思ったきっかけをお聞かせいただけますか。
西村 「シューイチ」(日本テレビ)で2 年間お天気キャスターをやらせていただいたんですけれど、やっていくうちに福井出身で日本酒が好き、お酒が飲めるというキャラクターになっていきました。司会の中山秀征さんから「西村さんはお酒が強いんです」と紹介されたりするようになって、福井は日本酒が有名だし、どうせなら資格をとって特技を身に着けてしっかりアピールできるようになろうと考えたんです。「ふくいブランド大使」に任命していただいていますが、日本酒に詳しいとわかると福井のお酒の情報がいろいろ入って来ます。そして基礎知識があると酒蔵の違いもよくわかってきます。去年、初めて福井で3つの酒蔵を訪ねた時も、規模も設備も目指しているお酒も三者三様でした。日本酒の基礎知識があったからその違いがわかったと思います。

■酒の楽しさを若者に伝えたい
−− 最後に唎酒師となった今、どんなことをしていきたいかお聞かせください。
西村 日本酒が好きだから勉強して、勉強したらもっと好きになりました。まずは日本酒の楽しさを同世代の子たちに伝えたいです。飲んでみるとおいしいという方が多いので、お酒の上手な選び方や飲み方、お肌にもいいことなど伝えたいことがたくさんあります。

オンラインセミナー用に特別に用意された「碧Ao DISCOVERY KIT」。購入して試飲セミナーに参加する仕組み−− 昨年、コラムを連載していただいて、私も若年層に届いたという手ごたえを感じました。難しい顔をしたおじさんが発信したのでは届かない層です。そういう意味では日本酒だけでなくワインやビール、ウイスキーだって若年層に魅力を伝えられるメッセンジャーを求めています。西村さんは日本酒以外のお酒に興味はありませんか?
西村 とても興味があります。どのお酒も基礎知識があるとおもしろくなると思います。幅広くお酒の知識を持ったスペシャリストになって、そのなかで日本酒には一番詳しいタレントを目指したいです。

−− いいですね。何からスタートしましょう?
西村 カクテルも好きなので、まずはそこから。ウイスキーやリキュールなど洋酒の知識が必要になりそうですけれど、組み合わせは無限大にあるので自分の好みのカクテルを増やせると嬉しいです。

−− 先日、ウイスキーのオンラインセミナーを聴講されたそうですね。
西村 サントリーの『ワールドウイスキー碧Ao』の特別セミナーに参加しました。世界で初めて自社蒸溜所の世界5 大ウイスキー(スコッチ、アイリッシュ、バーボン、カナディアン、ジャパニーズ)原酒をブレンドしたウイスキーで、それぞれのウイスキーがどんな働きをしているかわかるように、『碧Ao』から各ウイスキーを1 種類ずつ抜いたサンプルを飲み比べるというものです。チーフブレンダーの福與伸二さんが講師で、ブレンドの重要性や原酒の特長などがよくわかりました。聴講してウイスキーの蒸溜所に行ってみたくなりました。

−− ほんとうにお酒に対してポジティブですね。近頃は若者の酒離れが言われますが、上手に付き合えば人生を豊かにしてくれることを伝えていきましょう。
西村 私の周りでは酒離れは感じませんが、お酒を飲まないという方を理解はできます。アスリートとか会社の付き合いが面倒だとか、酒を遠ざけるのはわかる。でも、お酒はいいところもたくさんあります。若い人にそれを伝えていけたらうれしいです。

−− ぜひ、一緒に発信していきましょう。本日はどうもありがとうございました。(聞き手:山田聡昭/酒文化研究所 2021年1月26日)

■西村まどかプロフィール:1995年福井県生まれ。
「うらら姫2013」グランプリ 福井在住の女の子のコンテストにて優勝。
NTV「シューイチ」お天気コーナー担当(2017年〜2019年)、
CX「週末は…ウマでしょ!」 レギュラー出演
ワタナベエンターテインメント所属


<<前頁へ      次頁へ>>