時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集酒飲みのミカタ特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集

インタビュー

マーケット論稿

酒の歴史

酒の文化論

日本の酒の国際化

酒器論稿

酒文化略年表

その他
酒論稿集
酒と健康
1870〜89 1890〜1909 1910〜29 1930〜49 1950〜69 1970〜89
西暦 元号 サッポロ
ボール
アサヒ
ビール
キリン
ビール
業界・一般
1870 明治3     コープランド、横浜山手にスプリングバレー・ブルワリーを創立  
1872 明治5       新橋・横浜間鉄道開通 渋谷庄三郎(大阪)、「渋谷ビール」発売
1873 〃6       中川清兵衛、ベルリンビール醸造会社で修業開始 野口正章、「三ツ鱗ビール」発売 
1875 〃8       開拓使、中川清兵衛を雇用 保坂森之輔(横浜)「保坂ビール」発売  「酒類税則」制定(ビール、葡萄酒は免許料のみを徴収)
1876 〃9 開拓使麦酒醸造所竣工     フランス人ルイ・パスツール、ビールに関する研究論文を発表(ビールに低温殺菌が有効と結論)
1877 〃10 開拓使、ホップ園設置(札幌)     西南戦争
1878 〃11       金沢三右衛門(東京)、発酵社設立し(芝・桜田本郷町)、「桜田ビール」を発売
1880 〃13       「酒類税則」に代え「酒造税則」公布、ビールは製造免許税だけで造石免除
1881 〃14       宮内福蔵(FM商会)と横山助次郎(東京)、「手形ビール」発売   荒木某(大阪)、「浪華ビール」発売  デンマーク人エミール・クリスチャン・ハンセン、酵母の純粋培養法確立
1882 〃15 開拓使麦酒醸造所、農商務省工務局の所管となり札幌麦酒醸造所と改称      
1883 〃16 「札幌ラガービール」「札幌エキスポートビール」発売      
1884 〃17       柴谷善三郎ら(大阪)「エビスビール」を、佐藤一朗(新潟)「芙蓉ビール」を発売
1885 〃18     スプリングバレー・ブルワリー、横浜米国総領事裁判により破産売却と決定  在留欧米人による新会社設立準備会。香港法人で社名はジャパン・ブルワリーに決定 浅田甚右衛門、スプリングバレー・ブルワリーの醸造設備を引き取り、浅田麦酒醸造所設立
1886 〃19 北海道庁、麦酒醸造場を大倉組商会に払い下げ通達(札幌麦酒醸造場から大倉札幌麦酒醸造場に)      
1887 明治20 日本麦酒醸造会社設立  大倉組札幌麦酒醸造場、醸造技師ドイツ人マックス・ポールマンを招聘。ビールの火入れ殺菌を指導・開始 渋沢栄一、大倉札幌麦酒醸造場を譲り受け、札幌麦酒会社設立 大阪麦酒会社設立発起人会開催 ジャパン・ブリュワリー工場建物建設 盛田善平、丸三麦酒醸造所創立
1888 〃21 日本麦酒醸造、醸造場建設着工 生田秀入社。ドイツへ出張しヴァイエンシュテファン校で醸造学習得 ジャパン・ブルワリー、明治屋の磯野計と一手販売契約を締結。明治屋「キリンビール」の名称を採用して発売開始  
1889 〃22 日本麦酒醸造、ドイツ・ゲルマニア機械製造所製醸造用機械設備一式購入。機械技師ドイツ人フランツ・シュムッカー・醸造技師ドイツ人カール・カイザー招聘 日本麦酒、新聞広告で特約店募集 生田秀帰国。 有限責任大阪麦酒会社創立 キリンビールのラベルデザインの原型ができあがる 宮内福蔵ほか、「カイゼルビール」発売    「大日本帝国憲法」発布
1870〜89 1890〜1909 1910〜29 1930〜49 1950〜69 1970〜89