時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集酒飲みのミカタ特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集

 
<論稿集トップへ

20世紀の酒文化

中世人と酒

貧乏徳利にみる江戸市中の酒

菅江真澄の記録にみる「酒」

近代日本における禁酒運動と柳田飲酒論

宮水の沿革(1)

宮水の沿革(2)

江戸の地下式麹室

地下三尺に眠る江戸の酒瓶

明治・大正・昭和の清酒酒造業の技術導入 略年表

明治中期以降における酒造技術の平準化と 産地間競争の激化

北関東地方における清酒製造業の形成過程

合成清酒の物語

お雇い外国人の
 醸した不思議な酒


堺の酒小史

北関東地方における
 清酒製造業の形成過程


江戸時代における
 知多半島の醸造業の
 展開とその背景

酒論稿集
酒の文化論
明治・大正・昭和の清酒酒造業の技術導入 略年表
西暦 元号 本嘉納商店(菊正宗) 月桂冠 大関 秋田県酒造史 朝日酒造
1868 明治元 酒造蔵6蔵使用(本店、中、乾中、北、戌亥、浜店の各蔵)肥前米の件   稼石高4300石、鑑札数8枚、蔵数4(内蔵、西蔵、向蔵、北蔵)    
1869 〃 2 本店蔵、戌亥蔵、浜店蔵の3蔵使用 醸造高は580石(伏見28軒中3位)となる      
1872 〃 5 本店蔵、中蔵、乾中蔵の3蔵使用        
1877 〃 10 最初の輸出酒(英国へ6斗余正宗印)        
1881 〃 14 壜詰酒研究        
1884 〃 17   東京の問屋山田五郎助、鈴木忠兵衛、高井房次郎、中井新右門、、平松由喜、三越得右衛門、中埜幸太郎、小西利右衛門等、を得意先とする 酒銘「万両」を「大関」と改め商標登録    
1885 〃 18       秋田市・高堂兵右衛門方において、京都より関西式こうじ蓋を購入使用する  
1886 〃 19 商標「菊正宗」を登録する 東京の問屋伊坂市右衛門と取引を始める      
1887 〃 20       秋田県より兵庫県に杜氏斡旋方依頼  
1888 〃 21 清酒輸出本格化。顕微鏡購入。本店蔵、中蔵、乾蔵、北蔵の4蔵を使用        
1890 〃 23   東京の問屋升本喜八郎、小西慎三、三橋甚蔵と得意先を拡張する 蔵数4、造石高4515石    
1891 〃 24   東京の問屋鈴木忠司と取引を始める      
1892 〃 25   仕込み蔵を一部継ぎ足し、その他新規機械等購入する      
1893 〃 26 本店、中、乾中、北、戌亥の5蔵使用 醸造高が1000石を突破(1115石)する。酒造用の石炭を購入する      
1894 〃 27     皇室より、出生軍人慰問酒として大量にお買い上げ 新屋町横山家で生もと初号が仕込まれ、この頃より水もとに代わり生もと逐次普及する  
1895 〃 28 南蔵新築(煉瓦造)。壜詰場新設 東蔵を伏見丹後町に新築する      
1896 〃 29 酒造に7蔵使用        
1897 〃 30   伏見丹後町に東蔵を増築する      
1898 〃 31   帳簿を大福帳式から洋式簿記へ改める      
1899 〃 32   西宮から「宮水」を仕込み水として伏見へ運ぶ。灘の武庫郡西灘村味泥若井得造の蔵で借蔵醸造を始める。横浜の八木庄兵衛本店と取引を始める      
1900 〃 33   静岡の盛田酒店の取引を始める。横浜の白石作造酒店、沼津の中埜酒店と取引を始める。函館の梅津福次郎商店と取引を始める。新聞広告を始める 黒川新作商店(現黒川本店)と三重県下一手販売の特約契約    
1901 〃 34 巽蔵買収        
1902 〃 35 明治維新後始めて酒造高1万石突破。大場蔵甲、乙買収。旭蔵1、2、3号借入。12蔵使用 ハワイ・ホノルルのゴンザルバー商館へ清酒を輸出する。醸造高が5000石(5289石)を突破する      
1903 〃 36 酒造9蔵使用(旭蔵返還) 東京の問屋中澤商店と取引を始める      
1904 〃 37   伏見板橋二丁目伏見酒造株式会社の蔵で借蔵(会社蔵)醸造を始める 日露戦争の際、皇室より出生軍人慰問酒として大樽500樽お買い上げ    
1905 〃 38   酒銘「月桂冠」を商標登録する。伏見丹後町の東蔵を増設する 蔵数6、造石高7042石    
1906 〃 39 大阪支店開設。東蔵買収10蔵使用 南蔵(現・内蔵)を伏見本材木町に新築する。伏見本材木町(本宅の西)の西蔵を改築する。朝鮮(京城)の関野長之助へ清酒を輸出する   秋田税務監督局に鑑定部が設置され、県内酒造業者の指導が始まる  
1907 〃 40 石屋蔵買収 広告代理店の萬年社、京華社と取引が始まる。伏見板橋二丁目酒造株式会社を買収し、北蔵と改称。前蔵を伏見元鐘木町(本宅北側)に新築する。エンゲルバーグ式精米機を伏見元鐘木町に設置する。大蔵省醸造試験所技官鹿又親が「北蔵」で酒造りの調査と研究を行う。醸造高が1万石(13105石)を突破   湯沢町高久多吉、培養酵母添加もとを実施する  
1908 〃 41 阿部沢次郎を主任技師に任命する 東京帝国大学卒の農学士・濱崎秀を採用する 蔵数7、造石高8383石 湯沢町鉦打川河川水および高橋宇吉方井水につき、税務監督局が初めて化学成分を分析調査する。伊藤隆三(後の中吉、両関)が日本醸造協会酒造講習会で拾得した醸造用水加工法を実施普及する  
1909 〃 42   大倉酒造研究所を伏見板橋二丁目北蔵構内に新設する。初めての壜詰工場を伏見本材木町に新設する。灘新在家村字宮見附の大邑隆栄の蔵を取得する      
1910 〃 43 魚崎に新蔵1、2、3号新築。初めてコルニツシュ汽罐、場内発電機、エンゲルバルク精米機設備 灘新在家に本蔵を新設する。実用新案の大倉式猪口付瓶を発売する   山廃および酸添加の新式酒母育成の指導が始まる  
1911 〃 44 南蔵を改装して壜詰工場新設 大阪市立衛生試験所の衛生無害防腐剤ナシの封かんをした壜詰清酒を発売する。京都販売所を中京区麩屋町姉小路上ルに開設する 朝鮮の齋藤松太郎と特約契約。大連の黒岩商店を通じて満州へ進出    
1912 〃 45 大正元 釜山倉庫部設置。輸出酒1万石台現出する 大賞蔵を伏見東堺町に新設する。大賞蔵精米所を伏見東堺町に新設する 蔵数9、造石高9102石    
1913 〃 2   本店精米所を伏見上油掛町に新設する      
1914 〃 3     精米所に横型精米機設置(設置前の臼824基)   水車精米を自家発電に切り替える
1915 〃 4 鳳凰蔵借入 株式会社明治屋と特製「名誉月桂冠」壜詰月桂冠の販売契約をする 蔵数10、造石高1万335石    
1916 〃 5 西蔵買収        
1917 〃 6 嘉宝蔵1、2、3番の3蔵新築。第一精米所新設(初めてガス発動機利用) 乾東蔵、乾西蔵を伏見呉服町に新設する。北精米所を伏見板橋二丁目北蔵構内に新設する      
1918 〃 7 東京支店設置   借蔵(松店・池田蔵)を加えて11蔵となり、造石高1万915石    
1919 〃 8 株式会社本嘉納商店に改組 京都市電に広告を始める 山崎猛商店と高地県下一手販売の特約契約    
1920 〃 9 嘉宝4番蔵新設。御影小売部開設 灘新在家に本蔵乙を新築する   秋田酒造組合主催第1回秋田杜氏養成講習会が開催される 第2醸造場完成
1921 〃 10 嘉宝5、6番蔵新築。神戸支店、小樽出張所開設   瓶詰酒を中井酒店より発売 県産酒造米「亀ノ尾」特に県南産米が広く県内外で賞用され、雄平2郡ではその70%にも及ぶ。石油・電力発動機による精米機が普及し始める  
1922 〃 11     大連の黒岩商店と特約契約 火入方法に二重釜法、蛇管法の間接加熱法が逐次普及する ボイラ設置
1923 〃 12 嘉宝7、8番蔵の2蔵新築 東京出張所を東京市麹町永楽町(丸ノ内ビル)に開設する。灘新在家に鉄筋コンクリート造りの貯酒庫を新築する      
1924 〃 13     全蒸気動力式新瓶詰工場完成 「陸羽132号」が生まれ、県奨励品種に指定され、「亀ノ尾」と共に広く県内外で使用される。大正13年頃県技師の花岡正庸が原料米重量換算容量法による仕込みを実施する 瓶詰製品販売開始
1925 〃 14 福寿1、2番蔵新築。460万円に増資。壜詰工場新築       第3醸造場完成
1926 〃 15 昭和元     大阪支店を大阪市東区横堀三丁目一九番地に開設。大正蔵を取得し技師として江田鎌治郎を招聘 吟醸酒米に初めて備前雄町が使用され、精白度が急速に向上し、平均3割3分、最高4割減(内容)を見るに至る  
1927 〃 2 嘉宝9番蔵買収 株式会社大倉恒吉商店(社長・大倉恒吉)を設立する。昭和蔵(鉄筋コンクリート造り冷房設備付二階建)を伏見片原町に新設する      
1928 〃 3 福寿3、4番蔵新築 醸造試験所江田鎌次郎技師が来社、伏見の速醸もとの実地指導を行う 神戸倉庫を出張所に変更。神戸出張所、翌年西店に昇格 東京学水社技師田中靖二考案のウオーターライトによる浄水装置を設置、逐次全県に普及する。動力式連続式洗米機普及する  
1929 〃 4       竪型精米機普及する 琺瑯タンク7本を購入
1930 〃 5   壜詰工場(鉄筋コンクリート造りドーム式アーチ型)を片原町に新設する。ホーロータンクの試用を始める。大ネオン広告塔を東海道線六郷川(多摩川)付近に設置する   小穴富司雄醸造試験所技師、秋田市「新政」のもろみより優良酵母を分離する  
1931 〃 6   本格的壜詰プラント(一升壜1000本/時)を片原町壜詰工場に設置する     貨物自動車を購入
1932 〃 7 東京支店(菊正宗ビルディング)新築落成 株式会社明治屋の小印(金鱗、朱鱗、銀鱗)を付した月桂冠を発売する 冷用酒「コールド大関」発売 酒母・もろみの仕込容器が木桶からホーロータンクに移行し始める  
1933 〃 8       小玉(名)冷用酒発売。同10年には県内19銘柄で発売される  
1934 〃 9 奉天蔵1、2号新築落成。奉天支店設置 冷用酒(一升壜、7dl、3dl)を発売する。阪急百貨店専用の冷用酒を発売する。満州ハルピンの光武商店と特約を結ぶ   県農試、大黒技師が「酒系4号」を育成、試験の結果優秀性が認められ10年に県奨励品種に指定される。吟醸酒の精白歩合著しく高まり、6割減のものが出現、12年には県内の過半数を占める 「コールド朝日山」発売
1935 〃 10 乾中蔵4号買収     秋田式低温長期もろみ育成法が普及する  
1936 〃 11 京城支店並びに醸造蔵新設。新蔵4号、宝来1、2、3号買収        
1937 〃 12 当社内地醸造高最高4万6640石577。醸造蔵32使用       製造石数4649石、戦後最高
1938 〃 13 軍需工場に認定される。当社最高酒造高5万1749石397。34蔵使用 大阪出張所を支店に昇格する。満州出張所を支店に昇格する 京都出張所、京都市下京区河原町通萬寿寺下ル西橋詰町745番地に開設。13年度造石高1萬7539石    
1939 〃 14 奉天3号蔵新築 年間販売国数が6万2921石(戦前最高)となる ビールの買入、販売をするための定款の一部を変更。満州奉天に酒類販売店、長部洋行を設立 米穀搗精等制限令発令され、平均精米歩合が2割5分に抑えられ、吟醸酒の精白歩合が3割程度となる。蒸気穴の底径に応じて3〜5個とした秋田式改良こしきが普及し始める。  
1940 〃 15   満州での販売石数が1万石を突破する      
1941 〃 16 小樽出張所閉鎖。奉天蔵酒精添加 配給機構の改革により明治以来の特約店取引を解消する。東京出張所を閉鎖する 北京に大関酒造(資)を設立。配給機構の改革により既存の取引関係を解消 清酒製造業の希望者に合成清酒製造免許が付与され、26場が2700石、同17年に35場が4600石製造する  
1942 〃 17 神戸支店引揚。内地各蔵でも酒精添加酒     アルコール添加法が実施される  
1943 〃 18     ビルマ(ラングーン)に支店および醸造工場を開設 湯沢地区休業工場で菊芋でアルコールを製造し合成清酒を製造する。清酒工場にブドー酒製造免許が与えられ、1100石、同19年5600石を製造、同時に軍需用酒石酸塩を採取する  
1944 〃 19     東京支店、大阪支店、神戸支店および京都出張所を廃止。19酒造年度造石高4803石、蔵数4 航空用無水アルコール製造に使用する黒こうじ菌種こうじを「両関」工場で製造する  
1945 〃 20 戦災、終戦のため大部分の施設を失う。2月東京支店、3月大阪・神戸両支店外に奉天、京城両支店。6月酒造22、第2精米所他附属建物。8月酒造蔵5、第1精米所、外に奉天、京城4蔵。本店、巽、石屋の3蔵を残すのみ 州繊維より外地の全資産を失うが、他の本支店の設備は戦火を免れる 阪神大空襲のため、瓶詰工場の一部と清酒900石あまりを残し、殆どの施設を焼失。20酒造年度造石高1630石    
1946 〃 21     幸蔵(旧東蔵)復興。中蔵跡地に葵蔵竣工(延369坪、一個半仕舞)    
1947 〃 22   大阪支店を再開する 乾蔵跡地に平和蔵竣工(延607坪、二個仕舞)    
1948 〃 23   22酒造年度醸造石数は会社設立以来最小の4244石となる(伏見3蔵、灘1蔵) 北蔵敷地内瓶詰工場跡地を酒精工場に改造(添加用アルコール68石、新式焼酎338石を製造)   製成量682石、創立以来の最低に。
1949 〃 24 嘉宝蔵1番復興(煉瓦造)。西蔵買収。30周年記念 東京出張所を東京都中央区京橋一丁目(株式会社明治屋)に開設し、酒類販売業免許が下付される 自由販売制度実施に伴い特約店制度(卸・小売)を導入。11/1和光蔵竣工(延914坪、二個仕舞9 増醸法による試験醸造が「両関」「爛漫」「太平山」工場で実施される  
1950 〃 25 嘉宝2、3番蔵復興(鉄筋コンクリート造)。借蔵全部返還     水稲「信交190合」、県奨励品種に指定される  
1951 〃 26 石屋蔵大修築   コールド大関復活販売。瓶詰工場竣工(延295坪)。自動瓶詰プラント完成(一升瓶2000BPH)    
1952 〃 27 精米所(鉄筋コンクリート造)新築        
1953 〃 28 嘉宝蔵4番蔵新築(鉄筋コンクリート造) 戦後初の壜詰プラント(一升壜2700本/時)を昭和蔵壜詰工場(現・2号館)に設置する      
1954 〃 29   東京都電に中吊りポスター広告を始める      
1955 〃 30   調合室を昭和蔵に新築し、調合タンク(錫引銅製240石)4基を設置する   湯沢市において「信交190号」から抜穂育種栽培をはかり大粒品種が出現、後に「改良信交」と命名される  
1956 〃 31   1戦後初の醸造蔵北蔵甲(三階建)を北蔵構内に新築する NTV(日本テレビ放送)でスポット広告を開始    
1957 〃 32   テレビ宣伝を始める     現在の1号庫竣工。酒造米「五百万石」登場
1958 〃 33 嘉宝5番蔵(鉄筋コンクリート造)新築   一合(以後メートル法表示)入缶詰新発売    
1959 〃 34 「本店蔵」を記念館として嘉宝蔵東隣地へ移築(11月5日地鎮祭) 販売石数が戦前の最高(6万2921石)を突破し、6万5815石となる   「改良信交」が酒造好適米に指定され、同35年最高6万8458俵が売却され県内外で賞用される ソフト酒(冷用酒)発売
1960 〃 35   壜詰(1.8l)の偽造防止キャップシールを採用する。缶詰酒(スチール製180ml、200ml)を発売する   おり下げ剤使用工場散見される 造石数戦前最高を上回る。この頃自動製麹機普及
1962 〃 37         連速蒸米機開発。「デラックス朝日山」発売
1963 〃 38       準内地米が希望者に割当られ、43年まで加州・台湾・朝鮮・中国産米が29場で使用される 藪田式自動もろみ搾り機開発
1964 〃 39       山廃もとがほとんど影を潜め、大方の工場が速醸、高温糖化等の新式酒母となる  

<<前頁へ      次頁へ>>