時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集酒飲みのミカタ特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集

 
<論稿集トップへ

20世紀の酒文化

中世人と酒

貧乏徳利にみる江戸市中の酒

菅江真澄の記録にみる「酒」

近代日本における禁酒運動と柳田飲酒論

宮水の沿革(1)

宮水の沿革(2)

江戸の地下式麹室

地下三尺に眠る江戸の酒瓶

明治・大正・昭和の清酒酒造業の技術導入 略年表

明治中期以降における酒造技術の平準化と 産地間競争の激化

北関東地方における清酒製造業の形成過程

合成清酒の物語

お雇い外国人の
 醸した不思議な酒


堺の酒小史

北関東地方における
 清酒製造業の形成過程


江戸時代における
 知多半島の醸造業の
 展開とその背景


日本と海外の酒めぐり
記事一覧
清酒の量産と品質
―秋山裕一(日本醸造学会・会長)

いただいたテーマは「量産の技術と品質向上の技術」であるが、私の書く内容は技術的 なものになるし、量産と品質はあい補うものと思うので、技術を除いた題名とした。内容としては、「一、清酒製造の今昔」「二、清酒製造技術の研究と成果」 「三、清酒の品質と生産」として書いていこうと思う。
写真
20世紀の酒文化 近代酒類流通の源流をたどる
―下り酒問屋の盛衰

「二〇世紀の酒文化」研究は今回から酒類流通を対象にした新しいシリーズに入る。シリーズの最初に今日の酒類流通のもととなった下り酒問屋の盛衰をたどっておきたい。戦前に下り酒問屋に勤務した古老へのインタビューを交えつつ、下り酒問屋が果たした役割と衰退した社会背景、それにともなう行政やメーカーの動きを整理していこう。
写真
京都老舗酒販店の明治・大正・昭和
−前川芳三・フミ子(リカーブティックマエカワダ)

「二〇世紀の酒文化」酒類流通シリーズの五回目は、前川芳三・フミ子夫妻。
京都で明治期に創業、大正から第二次大戦中にかけては酒卸も手がけた老舗、前川田酒店(現リカーブティックマエカワダ)の三代目として活躍された同夫妻に、酒類販売の歴史を語っていただいた。
写真
東京下町の小売酒屋 激動の昭和史
−黒澤春雄(東京都江東区)

酒類流通を対象とした「20世紀の酒文化」新シリーズ四回目は、大正初期から東京下町で小売酒屋を営む三河屋酒店の今日までの軌跡をたどる。同店は、創業間もない時期に大津波、関東大震災、東京大空襲と立て続けに災害に見舞われながらも、それを乗り越えて深川の地で商売を続けてきた。戦後まもなく先代から商売を引きついたご主人の黒澤春雄氏にうかがう。
写真
酒販免許前夜 浪速の酒屋
−糀矢貞治郎(大阪市福島区)

酒類流通を対象とした「20世紀の酒文化」新シリーズ三回目は、免許制となる以前の酒販業を取り上げる。大阪で大正末期から酒屋を営んでこられた糀矢貞治郎氏に、当時の小売酒屋の商売の様子や戦時下での企業整備などについて述懐していただいた。
写真
食の洋風化とワインの和風化
−小阪田嘉昭(メルシャン株式会社・理事)

「20世紀の酒文化」研究の一環として行ってきた、各酒類を代表するメーカーへのインタビューの七回目はワイン。今回は、日本のワインメーカーの草分けであるメルシャン株式会社の小阪田嘉昭氏(同社理事・ワイン技術部長)を迎え、日本におけるワインの歴史と同社のワイン造りへの長い挑戦の足跡を語っていただいた。
写真
20世紀を象徴する酒 甲類焼酎
−後藤功(宝酒造株式会社・専務取締役)

「20世紀の酒文化」研究の一環として進めている酒類メーカーへのインタビュー、六回目となる今回は宝酒造株式会社。同社は甲類焼酎のパイオニアとして今世紀の日本の酒類業界をリードしてきた。日本独自の酒である甲類焼酎はどのような価値を作り出したかを、同社の歩んできた道をたどりながら考えていく。語り手は同社、専務取締役酒類事業部門本部長 後藤功氏である。
写真
ウイスキーの日本化はいかに進められたか
−嶋谷幸雄(サントリー株式会社・元取締役)

「20世紀の酒文化」研究の一環として行ってきた、各酒類を代表するメーカーへのインタビュー、第五弾はサントリー株式会社。同社は、国産ウイスキー第一号の「白札」発売から、日本独自の水割り文化の確立まで、日本のウイスキー市場を常にリードしてきた。その発展の秘密と経緯を、嶋谷幸雄氏(同社元取締役・山崎蒸溜所工場長)にうかがった。
写真
ビールこそが「20世紀の日本の酒」
−橋本直樹(キリンビール株式会社・元常務取締役)

「20世紀の酒文化」研究の一環として行ってきた、各酒類を代表するメーカーへのインタビューも今号で第四弾を迎えた。今回は、日本でもっとも古い歴史を持つビールメーカー、キリンビール株式会社。語り手に橋本直樹氏(元同社常務取締役)を迎え、ビールは今世紀の日本にどのような価値をもたらしたのかを探っていこう。
写真
自由度の高さと風土性の豊かさ−乙類焼酎の100年
−鮫島吉廣(薩摩酒造株式会社・常務取締役)

「20世紀の酒文化」研究の一環として、各酒類を代表するメーカーへのインタビューを行う。自らが醸した酒は、今世紀、どのような価値をもたらしたのかを振り返っていただく。
各社のお考えをうかがいながら、20世紀の酒文化への理解を深めていきたい。今回は乙類焼酎メーカーの薩摩酒造株式会社。語り手は鮫島吉廣氏(同社常務取締役製造部長)である。
写真
宮廷の酒・国家の酒・大衆の酒−泡盛の100年
−佐久本政敦(瑞泉酒造株式会社・会長)

「20世紀の酒文化」研究の一環として、各酒類を代表するメーカーへのインタビューを行う。自らが醸した酒は、今世紀、どのような価値をもたらしたのかを振り返っていただく。
各社のお考えをうかがいながら、20世紀の酒文化への理解を深めていきたい。今回は泡盛メーカーの瑞泉酒造株式会社。語り手は佐久本政敦氏(同社代表取締役会長)である。
写真
清酒の文明化と文化性の再構築
−栗山一秀(月桂冠株式会社・特別顧問)

「20世紀の酒文化」研究の一環として、各酒類を代表するメーカーへのインタビューを行う。自らが醸した酒は、今世紀、どのような価値をもたらしたのかを振り返っていただく。
各社のお考えをうかがいながら、20世紀の酒文化への理解を深めていきたい。第一回目は清酒メーカーである月桂冠株式会社。語り手は栗山一秀氏(同社特別顧問)である。
写真