時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集酒飲みのミカタ特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集

 
<論稿集トップへ

食と酒におけるイタリーメイドの世界戦略

女性は酒をどう選ぶ

「とりあえずビール」衰退の背景

一〇年後の酒市場 何が増えて何が減る

オープン価格化で
  あなたの仕事はどう変わる?


デフレ時代の
  ハイクラス活性化戦略


本格焼酎の産地呼称
  を考える


機能分化する酒類販売

広告規制と酒類
  マーケティングの将来


酒造メーカーと農業
 の新たな提携条件


灘五郷の伝統と革新
酒論稿集
酒と健康
女性は酒をどう選ぶ
 日本酒造組合中央会が2002年10月1日の日本酒の日から、「Osakeテラピー〜おいしく飲んで、美しく〜」をネーミングとしたキャンペーンを展開している。
 日本酒の3つのテラピー、すなわち日本酒が肩凝りや冷え性に効果がある健康飲料だという側面を謳った『カラダにテラピー』、日本酒を飲むことでの「癒し」効果に注目した『ココロにテラピー』、美白や肌の潤い効果などを期待する『キレイにテラピー』をアピールしている。
 このキャンペーンは、30代の有職女性をメインターゲットにしている。これからの社会をリードするかのようなパワーを持った彼女たちは、いろいろな面で頑張っているものの、ストレス社会のなかでは癒しを求めている。だからこそ「Osakeテラピー」なのだ、と言う。背景には、女性にアピールしなければ、日本酒は今後伸びないという理解がある。
 それゆえ、女性の飲酒行動に関する調査や研究が多方面でおこなわれているのは承知しているが、本誌では今回、女性のお酒の購買行動に視点をおいてインタビューを試みた。各年代の女性がどんなお酒をどこで、どのようにして買っているのか、そして家でどのようにして飲んでいるのかなどを聞いてみたので、紹介する。

28歳 会社員
会社帰りにコンビニで買う
埼玉県3郷市の団地に両親と住む。東京の会社に勤務。仕事は忙しい。
 会社の帰りに、下車駅の近くの「ファミリーマート」で買うことが多いです。この頃はキリンの「淡麗グリーンラベル」で、糖質70%オフというのを買っている。350ml缶を2本。うちの両親はあまり飲まないんです。だからいつも自分用。最近は発泡酒でも、「ダイエット〈生〉」や「グリーンラベル」を買ったほうがいいかな、っていう感じです。なんとなく気休めですよ。
 ほんとは黒ビールが好きなんです。「ギネス」が好きですが、売っているところがなかなかないし、高いからあまり買えない。発泡酒の「黒」500ml缶が特売されていると、ビールの350ml缶より割安なので買う。こういうのはスーパーが多いが、コンビニで買うこともある。黒ビールはとっておきの時に飲もうと思って、買い置きしておきます。最初の1本は必ず発泡酒で、2本目が飲みたいなという時に黒ビールを飲むんです。
 普通のビールも飲みますが、いろいろなビールを試したいほうなので、「秋味」「冬味」のような限定ものは必ず買います。私は3本以上買う時は、発泡酒、ビール、期間限定などの新しいものを1本ずつ買う。ビールの定番は「スーパードライ」か「一番搾り」。信頼のおける味という感じがするから。
 ビールと発泡酒を一緒に飲めば味の違いはわかります。だから発泡酒を先に飲む。ビールの後には発泡酒は飲まない。コクのあるものは後にもっていく。発泡酒は安いから、量を増やすために飲むわけです。
 家でビールを飲むのはおかずを食べながらで、ごはんも後で食べます。おかずと一緒に、スナックの「じゃがりこ」や「カール」を食べることもある。

いいワインがほしい時は都心の店で買う
 パスタを食べる時はワインを飲みます。近所のDSはワインが安いけど種類が少ない。いいやつがほしい時は、新宿や池袋に買物に行った時に「やまや」で買う。銀座の「ワインショップ・エノテカ」に行くこともあります。あそこはおいしいチーズもある。それに店の人が教えてくれます。私は軽くてフルーティなのがダメでコクのあるのが好きだから、「安くて、コクのあるものを教えてほしい」といって選んでもらいます。2000〜4000円くらいの予算だとチリ産になる。フランスワインは高い。
 前は、レストランなどでおいしいワインを飲んだら、それを手帳にメモしていました。後で自分で買って安く飲みたいから。でもその手帳をなくしてしまったんです。いまは好きな特定のものはないけど、おいしいのがあると何度も続けて買います。猫の絵がラベルのドイツワインが好きです。ワインの本を立ち読みすることもあります。
 デパートでワインを買った時は、イタリア料理などの惣菜も買ってきて家でレストランのように並べて食べます。両親は食事のみで、ワインを飲むのは私だけ。1本の3分の2くらいは空けてしまう。何本か買っておくから、ストックしてあります。
 日本酒は地酒が好きです。好きになったきっかけは、旅行に行った時にそこのおいしいお酒を飲んで好きになったということもあるし、東京でも飲みに行ったお店が日本酒を豊富に揃えていたりすると、飲んでみておいしかったから。日本酒って結構おいしいですよね。どれが特別好きということはない。デパートは地酒が揃っているし試飲発売をよくやっているから、行った時に買ってくる。小瓶を2本くらい。1回で飲みきらなければ後はまずくなるから、自然、飲みきりサイズになる。豆腐料理など、和食の時に冷やで飲みます。夏でも冬でも季節を問わず飲みます。でも、日本酒は高いですよね。

かわいいビンのカクテルが好き
 以前はビールを飲めなかったので、カクテルをよく飲んでいました。テレビCMで森高千里が「ジンジンジン」と歌っているのを見て、割って飲みたいと思って買ったことを覚えている。「カルーア」は、いまは甘くてダメだけど前は買っていた。いまもよく買うのはくるみのリキュールの「ノチェロ」で、そのまま飲んでます。くるみの香りがいいし、瓶がかわいい。大きい瓶のほうが得だから買うのは大瓶。「アマレット」も買い、ジンジャーエールやオレンジジュースと割って飲む。瓶にレシピが付いているからそれを見て作る。これらはDSやデパートで買います。カクテルを飲むのは風呂上りで、寝る前。甘いからおつまみなしで飲む。カクテルがある時は週に4日くらい飲んでいる。
 会社帰りや休みの日にコンビニで、缶や瓶のリキュールやカクテルを買うこともあります。味はわからないけど、缶が、さくらんぼやいちごなどフルーツの絵がかわいいのを選ぶ。たいていはビールを買うついでに1〜2缶買う。
 近所のお酒屋さんへはまったく行ったことはありません。さびれている感じで、品揃えが悪そうです。

<<前頁へ      次頁へ>>