時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集酒飲みのミカタ特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集
週刊新潮オフィシャルサイトはこちら

秘蔵写真展
ハワイ編
日本編
韓国編
ヴェトナム編
中国編
アジア酒街道を行く
雑誌の画像をクリックすると、別窓が開きます。
いよいよ待望の日本編がスタートしました!
<<ハワイ編 韓国編>>
#032日本編 第1回
日本の果実が生きてるワイン
旬の果実の風味に満ちて、シアワセ感がぎっしり詰まっていた。
#033日本編 第2回
芋焼酎で自然の恵みも人次第と知る
「本格焼酎はまだまだ伸びます。これから東北・北海道にも浸透していきますから」と言うのは濱田酒造株式会社(鹿児島県)の田雄一郎社長。
#034日本編 第3回
山田錦の酒 うまさの秘密は作りやすさ
柔らかな手触りの稲だ。「山田錦は田んぼに入ればすぐわかるよ」と言われた時には、さっぱり意味がわからなかったけれど、このことだったのだ。
#035日本編 第4回
カップ酒は日本酒を元気にするか?
初めて入った酒場で燗酒を注文する時に感じる一抹の不安。管理が悪くて味が変わってしまった酒が出てくるのではないか、・・・・・
#036日本編 第5回
プレミアムビールの時代よ来い!
10月末の盛岡。周辺の山々は紅葉がちょうど見頃、市内のレストラン「パイオニア牧場」で岩手特産の短角牛をたっぷり食べて・・・・・
#037日本編 第6回
珊瑚の島のオキナワン・ラム
9月末、西麻布にあるバー・タフィアに行くと「もうコルコルはお飲みになりました? 糖蜜タイプもアグリコールタイプも入っています」
#038日本編 第7回
また、ウチで育てた古酒で踊ろう
佐久本政敦さん(元沖縄県酒造組合連合会会長)がご健在だったら、昨今の泡盛の人気ぶりをさぞ喜んだことだろう。
#039日本編 第8回
新鮮な酒粕が評価を覆す!
粕取焼酎を初めて試したとき、あまりに強烈な個性にたじろいでしまった。口じゅうに特有の香りが広がり、鼻はもちろん目にまで染み込んできた。
#040日本編 第9回
球磨川から生まれる米の焼酎
晩秋の人吉(熊本県)は午前11時近くまで霧が残り、午後2時半を過ぎると陽光にオレンジ色が強くなった。
#041日本編 第10回
高千穂の夜神楽はカッポ酒から
夜を徹して三十三の神楽を舞う高千穂町上野地区黒口の夜神楽。前日、高千穂神社の神楽殿で見たものとは、ずいぶん雰囲気が違う。
#042日本編 第11回
日本酒のフォーミュラー1
仕事柄、「このお酒はどうですか?」とよく聞かれる。以前は「いやぁ、きき酒は素人なんですよ」と正直に答えていたのだが、・・・
#043日本編 第12回
どぶろくをお玉で掬う茅野の春
とうとうタンク3本、約700リットルのどぶろくが空になった。満開の桜の下、御座石神社(長野県茅野市)の境内で・・・
#044日本編 第13回
次世代に「おいしさ」をバトンタッチ
今、あなたが手がけている仕事が完成するのはいつだろうか。ひと月後?半年後?それとも一年後?
<<ハワイ編 韓国編>>