時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集マンスリーアンケート特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集

 
<<酒場ガイドTOP

過去記事一覧

バー&サロン・カビーネ(釧路市)

Bar Kitchen(福岡市)

ショットハウス・High Bridge(鹿児島市)

BAR SEBEK(福岡県福岡市)

バー露口(愛媛県松山市)

TOKYO Whisky Library(東京都港区)

にほんしゅ ほたる(東京都千代田区)

川口ブルワリー(埼玉県)

祥瑞札幌(札幌市)

ティキティキ横浜店(横浜市)

ビアセラーサッポロ(札幌市)

日比谷BAR WHISKY-SIII(港区)

バー・オープンドアB2(大阪市)

スカイ ビア リゾート(熊本県)

ワインバー・ルー(札幌市)

CRAFT & Romance(武蔵野市)

バーボンハウス ルシフェル(京都市)

BBAR C&D(京都市)

岡部麦酒工場。(熊本市)

ヴィッラ ビアンキ(東京都)

ホルモン在市芝大門(東京都)

BAR BLUE(熊本県)

ガス燈(福岡県)

呂仁(大阪府)
日本と海外の酒めぐり
ちょっと酒旅「きょう、行く?」
第5回 Bar Katsu Ohta(札幌)
マスターがいつも笑顔で迎えてくれる  名店揃いのススキノのバーのなかでカクテルはもちろん、フードがおいしいと評判の「Bar Katsu Ohta」。マスターは、ホテルバーで20年働いた後、独立してススキノの料飲店ビルに店を開いた太田克彦さん。この世界に入ったのは、テレビでカクテルコンテストを見たのがきっかけだったそうで、「やってみたい」と思って、バー勤務を志望して東京のシティホテルの入社試験を受けたところ、幸運にも採用が決まり、希望どおりの配属となったのだそうです。
 独立したのは2002年。食事もおいしい店にしたいと、知り合いの和食店で料理の勉強をし、準備万端整えての開業でした。太田さんが一人で店を回しているのですが、オープン以来ほどんど休んでいないのだとか。「店にいる時がいちばん落ち着くんですよ」と笑う顔には無理している感じはありません。
 カクテルコンクールで何度も入賞したキャリアをもつ太田さんのつくるカクテルは、どれも丁寧で上品です。バーテンダーの腕の良し悪しが如実に出ると言われる「サイドカー」は、コニャックの深みのある甘い香りを、レモンジュースの酸味がほどよく締めてとてもよくまとまっていました。
photo
Bar Katsu Ohta
札幌市中央区南六条西3丁目 第2桂和ビル2F
011-562-5559
地下鉄南北線すすきの駅より徒歩5分/
地下鉄東豊線すすきの駅7番出口より徒歩2分
WEBサイト>>