時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集マンスリーアンケート特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集

 
<<酒場ガイドTOP

過去記事一覧

バー&サロン・カビーネ(釧路市)

Bar Kitchen(福岡市)

ショットハウス・High Bridge(鹿児島市)

BAR SEBEK(福岡県福岡市)

バー露口(愛媛県松山市)

TOKYO Whisky Library(東京都港区)

にほんしゅ ほたる(東京都千代田区)

川口ブルワリー(埼玉県)

祥瑞札幌(札幌市)

ティキティキ横浜店(横浜市)

ビアセラーサッポロ(札幌市)

日比谷BAR WHISKY-SIII(港区)

バー・オープンドアB2(大阪市)

スカイ ビア リゾート(熊本県)

ワインバー・ルー(札幌市)

CRAFT & Romance(武蔵野市)

バーボンハウス ルシフェル(京都市)

BBAR C&D(京都市)

岡部麦酒工場。(熊本市)

ヴィッラ ビアンキ(東京都)

ホルモン在市芝大門(東京都)

BAR BLUE(熊本県)

ガス燈(福岡県)

呂仁(大阪府)
日本と海外の酒めぐり
ちょっと酒旅「きょう、行く?」
第6回 Whisky Bottle Bar DEN OSAKA(大阪)
ウイスキーコンシェルジュは、接遇技術、ウイスキーの知識、カクテルの技術をしっかり学ぶ  50歳以上の方は、昔、店にキープしているマイボトルを部下や友人にご馳走したり、逆に先輩や上司からご馳走になったりしたことがあるのではないでしょうか。評判の店にボトルキープするのはちょっとしたステイタス、ゴールドカードを持つような満足感がありました。しばらく好みのウイスキーやカクテルを、ショットで飲むのが主流でしたが、最近また、ボトルキープの心地よさが見直されてきたようです。
 「Whisky Bottle Bar DEN OSAKA」はJR大阪駅前の注目のスポット、グランフロント大阪にできた「サントリーウイスキーハウス」の一番奥にあります。プレミアムウイスキーをボトルキープすれば、あとはセット料金(男性5000円、女性3000円)で何時間でも過ごせるシンプルな価格設定。たしかな技術としっかりした知識をもったウイスキーコンシェルジュの女性が、ハイボールや水割りを丁寧につくってもてなしてくれるので、大切な方と一緒でも安心です。長いバーカウンターの前にずらりと並ぶサントリーウイスキー「響」、落ち着いた調度品と静かな店内は、ほどよい贅沢感でゆっくり寛げました。
 プレミアムウイスキーは上質な時間を楽しむための酒です。おいしいのは当たり前で、「上質な時間」にするためには、さらに、どんな店で、誰と、どんな器で、どう飲むかも大事なところ、この店はその勘所をよく抑えています。東京の日比谷にもあるので、ボトルキープのよさを、どうぞ体験してみてください。
photo
Whisky Bottle Bar DEN OSAKA
大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル2F
06-6359-2177
JR線 大阪駅中央北口より徒歩3分/地下鉄線 梅田駅より徒歩4分
WEBサイト>>