時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集マンスリーアンケート特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集

 
<<酒場ガイドTOP

Bar Avanti(中央区)

スペインバル ソルマヨール(足立区))

Bar Bookshelff(台東区)

エクリプスファースト(千代田区)

Bar Leaf(新宿区)

車いす対応送迎付きバー G-BAR(京都市)

BAR 奥

GARUTSU(ガルツ)

BAR 侍庵(たいあん)

池田BAR(鹿児島市)

バイブルクラブ大阪

THE LUX BAR上本町(大阪市)

Bar Faro(新潟)

RockingChair(京都市)

City of London distillery(ロンドン)

さっぽろ大通ビアガーデン(札幌)

BAR ESTAR!(エスタール)(酒田)

Maltheads(モルトヘッズ)(札幌)

Bar TRAMP(和歌山)

十代目 儀助(愛知)

ジアス ルーク&タリー(北海道)

SUNTORY BAR MINT(広島)

THE GS BAR(広島)

過去記事一覧

日本と海外の酒めぐり
ちょっと酒旅「きょう、行く?」
BAR 倉吉 大名店
photo  博多のオーセンティックバーを代表する「BAR倉吉」。中洲店のほかこの大名店など4店を構えています。どの店にも、オーナーの倉吉浩二さん(社団法人日本ホテルバーメンズ協会 特別顧問)のもとで腕を磨いたトップバーテンダーがいらして、最高のカクテルを味わうことができます。
 大名店を預かるのは柳瀬博一さん。温和な人柄なせいでしょうか、オーセンティックバーらしい凛とした雰囲気を漂わせつつも堅苦しい感じはありません。柳瀬さんオリジナルの「スカーレット・クィーン〜深紅の女王」はルジェクレームドカシスを使ったショートカクテル。名前のとおり深紅のカラーが魅力的です。この作品はサントリーカクテルアワード2011で見事入賞を果たしました。
 大名店ではカジュアルなパーティも開くことができます。20名から貸切りでカクテルの飲み放題プランがあり(要予約)、素適なオードブルやパスタとともに楽しめるそう。天気が良ければテラス席で飛び切りのカクテルを楽しむのもいいでしょう。住宅や商店と料飲店が混在し、生活感のある大名のバーらしいと言えるかもしれません。
 店はビルの7階です。通りにスタンド看板を見つけたらエレベータで上がると、目の前の重厚なドアが「BAR倉吉」。中は意外と広くカウンター席のほかテーブル席もあって、一人でも、カップルでも、大勢でも使いやすいスタイルです。博多に行くと、「飲むなら中洲」というイメージが強いですが、大名エリアにも足を運んでみることをおすすめします。
photo
BAR 倉吉 大名店U
福岡市中央区大名1-3-32号 ラ・コルテ大名7F  TEL092-726-9405
地下鉄赤坂駅より徒歩7分
WEBサイト>>