w
時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集マンスリーアンケート特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集

 
<<酒場ガイドTOP

Bar Avanti(中央区)

スペインバル ソルマヨール(足立区))

Bar Bookshelff(台東区)

エクリプスファースト(千代田区)

Bar Leaf(新宿区)

車いす対応送迎付きバー G-BAR(京都市)

BAR 奥

GARUTSU(ガルツ)

BAR 侍庵(たいあん)

池田BAR(鹿児島市)

バイブルクラブ大阪

THE LUX BAR上本町(大阪市)

Bar Faro(新潟)

RockingChair(京都市)

City of London distillery(ロンドン)

さっぽろ大通ビアガーデン(札幌)

BAR ESTAR!(エスタール)(酒田)

Maltheads(モルトヘッズ)(札幌)

Bar TRAMP(和歌山)

十代目 儀助(愛知)

ジアス ルーク&タリー(北海道)

SUNTORY BAR MINT(広島)

THE GS BAR(広島)

過去記事一覧

日本と海外の酒めぐり
ちょっと酒旅「きょう、行く?」
第22回 バーボンスクエアー(広島市)
photo  広島市の歓楽街、新天地公園のそばの飲食店ビル。ドアを少し開けて中の様子を窺うと、若いマスターが「お一人ですか、どうぞ」と明るく迎えてくれました。バーボン好きは1980年代のブームを経験した50〜60歳に多いので、熟年マスターを想像していたのですが、見事に裏切られました。
 先客は今年就職したばかりというカップルがひと組。マスターがイチ押しのピザをつまみに、男性はバーボンのコーラ割り、女性はグラスワインです。『ジムビーム』のミントジュレップをオーダーすると、待っていましたとばかりにテキパキとサービス。このカクテルはミントの爽やかな味わいが魅力です。次は「おすすめのバーボンをソーダ割りで」と注文すると、『ワイルドターキー8年』を2:3でかなり濃いめに作ってくれました。酒飲みと見抜かれたようです。
 棚にはバーボンが30種類ほど。「バーボンスクエアーという店はたぶん日本でここだけです。華やかで甘い香りのバーボンのおいしさをたくさんの人に知って欲しいですね」と思いを嘉達利かせてくれました。
photo
バーボンスクエアー
広島市中区三川町1-2 細川ビル2F  TEL 082-242-3668
広電 宮島線 八丁堀駅より徒歩5分
WEBサイト>>