時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集マンスリーアンケート特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集

 
<<酒場ガイドTOP

過去記事一覧

バー&サロン・カビーネ(釧路市)

Bar Kitchen(福岡市)

ショットハウス・High Bridge(鹿児島市)

BAR SEBEK(福岡県福岡市)

バー露口(愛媛県松山市)

TOKYO Whisky Library(東京都港区)

にほんしゅ ほたる(東京都千代田区)

川口ブルワリー(埼玉県)

祥瑞札幌(札幌市)

ティキティキ横浜店(横浜市)

ビアセラーサッポロ(札幌市)

日比谷BAR WHISKY-SIII(港区)

バー・オープンドアB2(大阪市)

スカイ ビア リゾート(熊本県)

ワインバー・ルー(札幌市)

CRAFT & Romance(武蔵野市)

バーボンハウス ルシフェル(京都市)

BBAR C&D(京都市)

岡部麦酒工場。(熊本市)

ヴィッラ ビアンキ(東京都)

ホルモン在市芝大門(東京都)

BAR BLUE(熊本県)

ガス燈(福岡県)

呂仁(大阪府)
日本と海外の酒めぐり
ちょっと酒旅「きょう、行く?」
第23回 BAR万(YOROZU)(霧島市)
photo  「もともとは料理畑なんです。独立しようと思った時、飲食店は厨房とフロアーで2人必要になるのですけれど、バーなら自分ひとりでできるのでバーにしました」とマスターの吉富万洋さん。
 生まれ育った国分でバーを開店すると、独学でカクテルを勉強し始めます。カクテルづくりにどんどん嵌っていきバーテンダー協会にも参加、バーテンダーの仲間たちと交流しながら技術や知識を貪欲に吸収し、ついに「サントリー ザ・カクテルアワード2013」を受賞、トップバーテンダーの仲間入りを果たします。
 1杯目は「ジン・リッキー」です。意外でしたがカットしたライムがグラスの縁に乗って出てききました。ベースは『ビーフィーター』。そのままひと口飲んでもっとライムが欲しければ落とすということのようです。少し濃くつくっているのかジンのアルコールの甘みを強く感じます。2杯目はアワード受賞作品の「カリビアンドリーム」。「コンテストの時よりデコレーションが簡素になりますけれどご容赦ください」とことわって、手際よくつくってくれました。ラムの『ブルガル』がベースに、『アペロール』『グアバーナ』『ディサローノ アマレット』『オランジーナ』でつくる爽やかなカクテルです。 鹿児島屈指の名店、国分に行くならぜひ訪ねたいバーです。
photo
BAR万(YOROZU)
鹿児島県霧島市国分中央3丁目34-6-1 キャメルビル1F  TEL0995-55-0004
JR日豊本線 国分駅東口よりタクシーで5分
WEBサイト>>