時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集マンスリーアンケート特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集

 
<<酒場ガイドTOP

Bar Avanti(中央区)

スペインバル ソルマヨール(足立区))

Bar Bookshelff(台東区)

エクリプスファースト(千代田区)

Bar Leaf(新宿区)

車いす対応送迎付きバー G-BAR(京都市)

BAR 奥

GARUTSU(ガルツ)

BAR 侍庵(たいあん)

池田BAR(鹿児島市)

バイブルクラブ大阪

THE LUX BAR上本町(大阪市)

Bar Faro(新潟)

RockingChair(京都市)

City of London distillery(ロンドン)

さっぽろ大通ビアガーデン(札幌)

BAR ESTAR!(エスタール)(酒田)

Maltheads(モルトヘッズ)(札幌)

Bar TRAMP(和歌山)

十代目 儀助(愛知)

ジアス ルーク&タリー(北海道)

SUNTORY BAR MINT(広島)

THE GS BAR(広島)

過去記事一覧

日本と海外の酒めぐり
ちょっと酒旅「きょう、行く?」
第32回 呂仁(大阪府)
photo  大阪でバーボンの店といえば必ず名前があがるのが呂仁です。森口駅前の飲食店街の一角、3階建ての店を見上げると「ワイルドターキー」のネオン看板が目に入ります。1Fは気軽に飲めるTAVERNで、店の隅に昭和を思い出させるジュークボックスがありました。もちろん現役で活躍中です。
 2Fのカウンターバーはこの店の原点。もともとは2階だけだったのを、1階と3階に広げたのだそうです。噂に違わずバーボンのコレクションは圧巻でした。棚に何気なく置かれていた木箱を指して、「これは約100年前のもの、中のウイスキーも当時のものです。趣味で集めたのではありませんから、注文があればお出しします」という具合です。
 オーナーマスターはケンタッキーのバーボン蒸溜所も何度も訪問されているそうで、『ジムビーム』のマスターディスティラーであるフレッド・ノウ氏とも交流があるのだとか。とはいうものの堅苦しさや気難しさはありません。常連客が普段着でおしゃべりに来る、大阪郊外の雰囲気もあるオンリーワンのバーです。
photo
photo
呂仁
大阪府守口市本町1丁目2-2(京阪線 守口市駅より徒歩3分)
TEL:06-6997-3200
WEBサイト>>