時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集マンスリーアンケート特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集

 
<<酒場ガイドTOP

過去記事一覧

にほんしゅ ほたる(東京都千代田区)

川口ブルワリー(埼玉県)

祥瑞札幌(札幌市)

ティキティキ横浜店(横浜市)

ビアセラーサッポロ(札幌市)

日比谷BAR WHISKY-SIII(港区)

バー・オープンドアB2(大阪市)

スカイ ビア リゾート(熊本県)

ワインバー・ルー(札幌市)

CRAFT & Romance(武蔵野市)

バーボンハウス ルシフェル(京都市)

BBAR C&D(京都市)

岡部麦酒工場。(熊本市)

ヴィッラ ビアンキ(東京都)

ホルモン在市芝大門(東京都)

BAR BLUE(熊本県)

ガス燈(福岡県)

呂仁(大阪府)

レストラン阿蘇(熊本県)

Bar Agito(高槻市)

白楽天(札幌市)

MASTER'S DREAM HOUSE(千代田区)

十年(大阪市)

十三トリス北新地(大阪市)
日本と海外の酒めぐり
ちょっと酒旅「きょう、行く?」
第34回 BAR BLUE(熊本県)
photo   熊本市内はバーの激戦地、名店が揃うなかでここは女性バーテンダーだけのソフトな雰囲気です。
 まずは看板カクテルの「藤娘」をいただきます。2012年のサントリー   ザ・カクテルアワードの最優秀賞に選ばれた名品は、巨峰が香るショートスタイル。
 飲んでいると次々にお客さんが入ってきてカウンターは満席に。ひと段落したところを見計らって2杯目を相談すると、「シンプルにオールドの水割りなんてどうでしょうか?」と豊川バーテンダー。久しぶり飲んだら水割りがとてもおいしかったのだとか。ためしてみるとほんとうに、甘い香りに適度にボディがあって安定感のある味わいです。
 熊本の飲み屋は安心だから羽を伸ばしに来る人が多いとか、最近は女性バーテンダーの募集をかけてもなかなか来ないなど、世間話をしながら楽しく飲んで、最後の〆にサイドカーをオーダーします。ブランデーベースで店によって味がずいぶん変わります。簡単に見えて難しいとも聞きますが、すっきりしたバランスのよいサイドカーをいただけました。
photo
BAR BLUE
熊本市手取本町3-9 Fanビル5F
(熊本市電水前寺線 市役所前電停より徒歩3分)
TEL:096-323-3933  WEBサイト>>