時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集マンスリーアンケート特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集

 
<<酒場ガイドTOP

Bar Avanti(中央区)

スペインバル ソルマヨール(足立区))

Bar Bookshelff(台東区)

エクリプスファースト(千代田区)

Bar Leaf(新宿区)

車いす対応送迎付きバー G-BAR(京都市)

BAR 奥

GARUTSU(ガルツ)

BAR 侍庵(たいあん)

池田BAR(鹿児島市)

バイブルクラブ大阪

THE LUX BAR上本町(大阪市)

Bar Faro(新潟)

RockingChair(京都市)

City of London distillery(ロンドン)

さっぽろ大通ビアガーデン(札幌)

BAR ESTAR!(エスタール)(酒田)

Maltheads(モルトヘッズ)(札幌)

Bar TRAMP(和歌山)

十代目 儀助(愛知)

ジアス ルーク&タリー(北海道)

SUNTORY BAR MINT(広島)

THE GS BAR(広島)

過去記事一覧

日本と海外の酒めぐり
ちょっと酒旅「きょう、行く?」
第35回 ホルモン在市(ざいち)芝大門(東京都)
photo  タレを揉みこんだホルモン焼きが評判の「ホルモン在市」。ほどよい辛さの濃厚な味わい、口に入れるふわふわのホルモンがとろけるようでお酒が進みます。
 そんなホルモン在市でビックリしたのは、おすすめのドリンクがジントニックだったことでした。
「ベースのジンは『ビーフィーター』で、もともと「Beef eater=牛肉を食べる人」という意味なんです。ジントニックは「ジンと肉」に聞こえるでしょう。肉に合わないはずがありません」と、吹き出しそうになる語呂合わせがおすすめの理由でした。
 さらにひと工夫したオリジナルカクテルが『ジントニ』。『ビーフィーター(アルコール分47%)』を1ショット(30ml)に、半分にカットしたレモンを搾ってそのままジョッキに落とし、トニックウォーターを150ml注ぎ入れて、トップに胡椒をガリガリっと8~10挽。レモンとトニックウォーターのさっぱりした飲み口に、ジンのボタニカルな風味がふわりと漂います。あとからスパイシーな胡椒が追いかけてくるので、ジューシーな肉やがっつり系のホルモンでも口中がすっきり。ジンと肉とは語呂合わせだけではありませんでした。 お肉が大好きな方にぜひ試していただきたい、ホルモン在市で『ジントニ』です。
photo
東京都港区芝大門1-2-8
(都営大江戸線・都営浅草線 大門駅A4出口より徒歩3分)
TEL:03-3431-5233   WEBサイト>>