時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集マンスリーアンケート特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集

 
<<酒場ガイドTOP

過去記事一覧

にほんしゅ ほたる(東京都千代田区)

川口ブルワリー(埼玉県)

祥瑞札幌(札幌市)

ティキティキ横浜店(横浜市)

ビアセラーサッポロ(札幌市)

日比谷BAR WHISKY-SIII(港区)

バー・オープンドアB2(大阪市)

スカイ ビア リゾート(熊本県)

ワインバー・ルー(札幌市)

CRAFT & Romance(武蔵野市)

バーボンハウス ルシフェル(京都市)

BBAR C&D(京都市)

岡部麦酒工場。(熊本市)

ヴィッラ ビアンキ(東京都)

ホルモン在市芝大門(東京都)

BAR BLUE(熊本県)

ガス燈(福岡県)

呂仁(大阪府)

レストラン阿蘇(熊本県)

Bar Agito(高槻市)

白楽天(札幌市)

MASTER'S DREAM HOUSE(千代田区)

十年(大阪市)

十三トリス北新地(大阪市)
日本と海外の酒めぐり
ちょっと酒旅「きょう、行く?」
第36回 ヴィッラ ビアンキ(東京都)
photo  熊本にクラフトビールにこだわったバーがあると聞いて訪ねたのがこちらです。料飲店が軒を並べる下通りの一画、ビルの3階に店はありました。
 マスターの岡部雅也さんは、熊本でクラフトビールの店をやりたいと一念発起、一昨年(2014年6月)に店を構えたそうです。「クラフトビールブームが博多まで来ていますが、熊本まではもう少しかかりそう。ビール談義をする機会があまりないので、県外から来たクラフトビール好きのお客さんと話せるとすごくうれしいんです。IPAがお好きならこれを試してみてください」と強烈にホップが利いたアメリカ産のビールを奨めてくれました。今はおもしろいビールを仕入れるために、手当たり次第に飲んでいるという岡本さん、次々に聞いたことのないビールの名前が飛び出してきます。
photo 最後に生ビールをオーダーすると、「樽は注ぎ方で味がぜんぜん違うんです。自分なりにいろいろ研究してみました。率直な感想を利かせてください」と。オリジナルのやり方で丁寧に注がれたビールは、柔らかな口当たり喉をスーッ心地よく落ちていきました。





熊本市中央区下通1-7-4嶋田ビル3F
(熊本市電『花畑町』電停より徒歩3分)
TEL:096-354-7850
 
  WEBサイト>>