時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集マンスリーアンケート特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集

 
<<酒場ガイドTOP

Bar Avanti(中央区)

スペインバル ソルマヨール(足立区))

Bar Bookshelff(台東区)

エクリプスファースト(千代田区)

Bar Leaf(新宿区)

車いす対応送迎付きバー G-BAR(京都市)

BAR 奥

GARUTSU(ガルツ)

BAR 侍庵(たいあん)

池田BAR(鹿児島市)

バイブルクラブ大阪

THE LUX BAR上本町(大阪市)

Bar Faro(新潟)

RockingChair(京都市)

City of London distillery(ロンドン)

さっぽろ大通ビアガーデン(札幌)

BAR ESTAR!(エスタール)(酒田)

Maltheads(モルトヘッズ)(札幌)

Bar TRAMP(和歌山)

十代目 儀助(愛知)

ジアス ルーク&タリー(北海道)

SUNTORY BAR MINT(広島)

THE GS BAR(広島)

過去記事一覧

日本と海外の酒めぐり
ちょっと酒旅「きょう、行く?」
第39回 バーボンハウス ルシフェル(京都市)
photo 「嬉しいなあ、バーボンを採りあげてくれるなんて。10年以上、雑誌でバーボンと言う文字を見たことがなかったですよ(笑)」と言うのはマスターの吉安護さんです。創業は1988年、バーボンの豊富な店としてスタートしました。レアなボトルを探して単身で2〜3か月間ケンタッキーに滞在、インターネットのなかった当時、電話帳を片手にリカーショップを訪ね歩いたそうです。繰り返すうちにバーボンの蒸溜所の方とも親交ができ、ジムビーム社オーナーのフレッド・ノー氏の家に泊めてもらったこともあるのだとか。同社の『ブッカーズ』はクラフトバーボンの草分け的な商品ですが、ごく初期のボトルをノー氏から直々にプレゼントされたと言います。
 バーボンの話を始めると逸話が次々と飛び出してきます。レアもののボトルは大きな店より田舎の小さなリカーショップで見つけることが多かったとか、数千本のコレクションを持つ店はアメリカにもなく、来日の際にお忍びで来店するバーボン好きの超有名人がいるなどなど。
 バーボンにスポットが当たり始めたことが本当にうれしそうでした。 



京都市左京区下鴨西林町7-1 カーサシモガモ2F-A
(市バス線下鴨神社前駅より徒歩で1分)
TEL:075-702-3537    WEBサイト>>