時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集マンスリーアンケート特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集

 
<<酒場ガイドTOP

過去記事一覧

ショットハウス・High Bridge(鹿児島市)

BAR SEBEK(福岡県福岡市)

バー露口(愛媛県松山市)

TOKYO Whisky Library(東京都港区)

にほんしゅ ほたる(東京都千代田区)

川口ブルワリー(埼玉県)

祥瑞札幌(札幌市)

ティキティキ横浜店(横浜市)

ビアセラーサッポロ(札幌市)

日比谷BAR WHISKY-SIII(港区)

バー・オープンドアB2(大阪市)

スカイ ビア リゾート(熊本県)

ワインバー・ルー(札幌市)

CRAFT & Romance(武蔵野市)

バーボンハウス ルシフェル(京都市)

BBAR C&D(京都市)

岡部麦酒工場。(熊本市)

ヴィッラ ビアンキ(東京都)

ホルモン在市芝大門(東京都)

BAR BLUE(熊本県)

ガス燈(福岡県)

呂仁(大阪府)

レストラン阿蘇(熊本県)

Bar Agito(高槻市)
日本と海外の酒めぐり
ちょっと酒旅「きょう、行く?」
■第51 回 バー露口(愛媛県松山市)
写真店内   司馬遼太郎「坂の上の雲」や夏目漱石「坊ちゃん」の舞台となった愛媛県の松山市。文化と歴史の町をイメージする人が多いこの町は、中心部に道後温泉を抱 え、繁華街の「大街道」は四国一の規模と、賑やかなところでもあります。
 バー露口はこの町を代表する洋酒の店です。ご主人の露口貴雄さんは奥様の朝子さんと2 人で毎日カウンターに立ち、なんと今年で創業59 年を迎えました。
 金曜日だったせいか21 時前にはほぼ満席で、席を詰めてもらってなんとか入れてもらえました。さっそく看板商品の「角ハイボール」を注文すると、シャープなカットの入ったグ ラスに氷をたっぷり入れ、サントリー角瓶を注ぎ、ソーダを3 回に分けて注いで仕上げます。コースターには笑顔のご夫妻、その周りには「58th Anniversary」の文字があります。 毎年つくり変えていると聞いて、記念にもらって帰りました(2016 年に訪問)。
 ふと壁を見ると元サントリー社長の故佐治敬三氏が「燦」と揮毫した色紙がかかっていました。そしてその下にはアンクルトリスの生みの親、故柳原良平画伯によるお二人のイラス トが一枚。今の世界中で大人気の日本のウイスキーがあるのも、こんなお店の頑張りがあったからと実感したのでした。
写真
松山市二番町2-14
(路面電車 大街道駅より徒歩10 分/城南線 大街道駅より徒歩10 分)
TEL:089-92-5364
  WEBサイト>>