時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集マンスリーアンケート特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集

 
<<酒場ガイドTOP

過去記事一覧

バー&サロン・カビーネ(釧路市)

Bar Kitchen(福岡市)

ショットハウス・High Bridge(鹿児島市)

BAR SEBEK(福岡県福岡市)

バー露口(愛媛県松山市)

TOKYO Whisky Library(東京都港区)

にほんしゅ ほたる(東京都千代田区)

川口ブルワリー(埼玉県)

祥瑞札幌(札幌市)

ティキティキ横浜店(横浜市)

ビアセラーサッポロ(札幌市)

日比谷BAR WHISKY-SIII(港区)

バー・オープンドアB2(大阪市)

スカイ ビア リゾート(熊本県)

ワインバー・ルー(札幌市)

CRAFT & Romance(武蔵野市)

バーボンハウス ルシフェル(京都市)

BBAR C&D(京都市)

岡部麦酒工場。(熊本市)

ヴィッラ ビアンキ(東京都)

ホルモン在市芝大門(東京都)

BAR BLUE(熊本県)

ガス燈(福岡県)

呂仁(大阪府)
日本と海外の酒めぐり
ちょっと酒旅「きょう、行く?」
第52 回 BAR SEBEK(福岡県福岡市)
写真店内  通勤は自転車。仕事が終わると明け方に約1 時間かけて帰宅するというオーナー・バーテンダーの大津麻紀子さん。移動中には大きなカメラ で鳥を狙います。博多の周辺では今も普通にカワセミが見られるのだそうです。釣りもお好きだそうで、少し沖に出るといい形の鱸があがるとニコニコと話してくれました。
 朗らかな人柄だからでしょう。本格的なカクテルを味わえるオーセンティックバーですが、お客様同士の会話も弾んで時々笑い声が響きます。全国クラスのカクテルコンテストで数々の入賞歴のある大津さんが、バーの世界に入ったのは19歳の時でした。10年で独立して店を持つと最初から決めていたと言います。3つのバーで修行を重ね、計画どおり30 歳で開いたのがこのBAR SEBEK(バーセベク)。飲食店が軒を連ねる中洲の細い路地を入った路面店、二階は友人が経営するスナックで、彼女の紹介でこの物件に決めたのだとか。
 もちろんカクテルは絶品です。モヒート、ジンリッキー、グリーンアラスカをいただきましたが、何を頼んでも美しく、おいしく楽しめました。■
写真
博多区中洲4丁目1-12 人形小路
(福岡市市営地下鉄空港線 中洲川端駅より徒歩5 分)
TEL:0092-291-5510
  WEBサイト>>