時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集マンスリーアンケート特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集

 
<<酒場ガイドTOP

Bar Avanti(中央区)

スペインバル ソルマヨール(足立区))

Bar Bookshelff(台東区)

エクリプスファースト(千代田区)

Bar Leaf(新宿区)

車いす対応送迎付きバー G-BAR(京都市)

BAR 奥

GARUTSU(ガルツ)

BAR 侍庵(たいあん)

池田BAR(鹿児島市)

バイブルクラブ大阪

THE LUX BAR上本町(大阪市)

Bar Faro(新潟)

RockingChair(京都市)

City of London distillery(ロンドン)

さっぽろ大通ビアガーデン(札幌)

BAR ESTAR!(エスタール)(酒田)

Maltheads(モルトヘッズ)(札幌)

Bar TRAMP(和歌山)

十代目 儀助(愛知)

ジアス ルーク&タリー(北海道)

SUNTORY BAR MINT(広島)

THE GS BAR(広島)

過去記事一覧

日本と海外の酒めぐり
ちょっと酒旅「きょう、行く?」
第58回 サロン・ド・リック(倉敷市)
週の前半は藤原優さんが一人でカウンターに立つ。洋酒に限らずお酒全般に詳しい 大原美術館を中心に昔ながらの町並みを残した倉敷美観地区。いま、昼間は大勢の外国人観光客が溢れて、さまざまな国の言葉が飛び交う。一瞬、どこにいるのかわからなくなってしまうほどだったが、夜は落ち着きを取り戻していた。
 ほろ酔いでくらしき川沿いを歩いていて偶然見つけたのが、こちらのバー。とりあえずジン・リッキーをいただいて、バーテンダーの藤原さんとぽつぽつと話す。驚いたことに弊社が運営する「ワングラスでおいしい日本酒アワード」をご存じで、洋酒の店で地元の日本酒談義に花が咲いた。冷蔵庫にあった見慣れないビールは岡山県内の福祉施設でつくられたものだったり、この日は不在だったが、一緒にやっている女性のバーテンダーは、今春のインターナショナル・バーショーでおこなわれたカクテルコンテストに出場していたり、酒好き感が溢れていてとても心地よかった。倉敷に出かけたら、ぜひ立ち寄っていただきたいバーだ。
古い街並みが残り倉敷の観光スポットとして人気が高い美観地区。サロン・ド・リックは古民家の蔵をリノベートした一画、入口から20mくらい進んだ突き当りにに店を構える。
岡山県倉敷市本町5-27
クラシキ庭苑(JR倉敷駅 徒歩15分)
 TEL: 086-425-5688
WEBサイト>>