時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集マンスリーアンケート特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集

 
<<酒場ガイドTOP

Bar Avanti(中央区)

スペインバル ソルマヨール(足立区))

Bar Bookshelff(台東区)

エクリプスファースト(千代田区)

Bar Leaf(新宿区)

車いす対応送迎付きバー G-BAR(京都市)

BAR 奥

GARUTSU(ガルツ)

BAR 侍庵(たいあん)

池田BAR(鹿児島市)

バイブルクラブ大阪

THE LUX BAR上本町(大阪市)

Bar Faro(新潟)

RockingChair(京都市)

City of London distillery(ロンドン)

さっぽろ大通ビアガーデン(札幌)

BAR ESTAR!(エスタール)(酒田)

Maltheads(モルトヘッズ)(札幌)

Bar TRAMP(和歌山)

十代目 儀助(愛知)

ジアス ルーク&タリー(北海道)

SUNTORY BAR MINT(広島)

THE GS BAR(広島)

過去記事一覧

日本と海外の酒めぐり
ちょっと酒旅「きょう、行く?」
第60回 Bar風間(札幌市)
皆か理科の実験のようだと言うので、今度から白衣で店に出ますと笑う風間大輔さん 札幌にジン専門のカクテルバーがあると聞いて訪ねました。カウンターに5席だけの小さなバーは、ジンとリキュールのボトルばかりが棚に並んでいます。最近は次々に新しい商品が発売されるので、ジンがどんどん増えているそうです。
 ジンリッキーを注文すると、マスターがカウンターに置いたのは乳鉢でした。漢方薬のようなボタニカルを何種類か入れて、乳棒でゴリゴリとすりつぶす様子はまるで理科の実験のようです。そこにウォッカを加えてしばし放置して酒に香気を移します。次は自作したという道具でそれに炭酸ガスを直接吹き込みました。 帯広でバーテンダーの仕事をスタートしたマスターの風間大輔さん。カクテルづくりにのめり込んで東京のバーで勉強し、次第に既製品をミックスするだけでは飽き足らなくなって、お客の目の前でジンをつくるこの店を開きました。
 いろいろなバーでジンリッキーを飲んできましたが、これは初めて飲む独特の風味です。将来は自分で蒸溜したジンを提供できるバーにしたいと夢を聞かせてくれました。

ボタニカルを乳鉢と乳棒ですりつぶして、ウォッカに漬け置いてしばし待つ。一杯のジンリッキーができるまでに10分近くかかったが、作業は見ているだけで楽しい。
中央区南4条西4丁目 松岡ビル 地下1階
(市営地下鉄すすきの駅2番出口より徒歩1分)
TEL:011-206-7204
WEBサイト>>