時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集マンスリーアンケート特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集

 
<<酒場ガイドTOP

MIZUNARA THE LIBRARY(香港)

ビアブティックKIYA(名古屋市)

籠屋ブルワリー(狛江市)
 
Bar Strand(長崎市)

Cafe&Bar ウミノ(長崎市)

THE ROOTS(京都市)

過去記事一覧

Bar風間(札幌市)

ダイニング&バー ダナドゥア(倉敷市)

サロン・ド・リック(倉敷市)

RockingChair(京都市)

和心創楽 櫻壽(鹿児島市)

バー&サロン・カビーネ(釧路市)

Bar Kitchen(福岡市)

ショットハウス・High Bridge(鹿児島市)

BAR SEBEK(福岡県福岡市)

バー露口(愛媛県松山市)

TOKYO Whisky Library(東京都港区)

にほんしゅ ほたる(東京都千代田区)

川口ブルワリー(埼玉県)

祥瑞札幌(札幌市)

ティキティキ横浜店(横浜市)

ビアセラーサッポロ(札幌市)

日比谷BAR WHISKY-SIII(港区)

バー・オープンドアB2(大阪市)
日本と海外の酒めぐり
ちょっと酒旅「きょう、行く?」
MIZUNARA THE LIBRARY
 香港でバーを始めて3 年という遠藤真彦さんは、バーテンダーとしてのキャリアを博多でスタートさせました。仕事の合間に練習を重ね、数々のカクテルコンテストで優秀な成績を収めます。そして得意の英語を活かして、海外でバーテンダーとしての腕を試してみたいと日本を飛び出したのでした。
 最初は香港と日本の習慣の違いやお客さまの好みの違いに戸惑ったそうです。香港で手に入る酒は同じ銘柄でも日本とアルコール度数が違ったり、日本では使っていたものが手に入りにくかったり、フルーツの甘みが違ったりするため(結局、フルーツは日本から輸入することにした)、ほとんどのカクテルレシピをつくり直すことになりました。また、香港では思ったような氷が手に入らないため、バックヤードに大型の製氷機を持ち込んで、三日間かけて自分でゆっくりと氷にしています。
 お客さまのカクテルの好みも違います。日本で好まれるバランスのよいものは、「薄い」と言われてあまり好まれず、特に欧米のお客さまには「ネグローニ」のようなパンチのある味わいのカクテルが人気だそうです。  今では香港にもすっかり慣れて、今年から奥様のあゆみさんが手伝うようになりました。香港での酒のトレードショーで講師をすることも増えたという遠藤さん、ますます活躍してくれそうです。
4/F, Kiu Yin Commercial Building, 361-363 Lockhart Rd, Wan Chai, Hong Kong
TEL: +852 3571 9797
(Wan Chai Station(灣仔駅)徒歩7 分)
WEBサイト>>