時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集マンスリーアンケート特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集

 
<<酒場ガイドTOP

Bar Bookshelff(台東区)

エクリプスファースト(千代田区)

Bar Leaf(新宿区)

車いす対応送迎付きバー G-BAR(京都市)

BAR 奥

GARUTSU(ガルツ)

BAR 侍庵(たいあん)

池田BAR(鹿児島市)

バイブルクラブ大阪

THE LUX BAR上本町(大阪市)

Bar Faro(新潟)

RockingChair(京都市)

City of London distillery(ロンドン)

さっぽろ大通ビアガーデン(札幌)

BAR ESTAR!(エスタール)(酒田)

Maltheads(モルトヘッズ)(札幌)

Bar TRAMP(和歌山)

十代目 儀助(愛知)

ジアス ルーク&タリー(北海道)

SUNTORY BAR MINT(広島)

THE GS BAR(広島)

Cafe Bar STAR LIGHT(高知)

LE CLUB(ル・クラブ)(松山)

過去記事一覧

日本と海外の酒めぐり
ちょっと酒旅「きょう、行く?」
さっぽろ大通ビアガーデン
 東京に比べて過ごしやすい気温に、やっぱり涼しいね〜と感激すると、地元の方は「それが最近は暑くなってクーラーを使う日もあるんだよ」と戻ってきました。中心部を貫く大通り公園で開催されるビアガーデンは、すっかり定着して札幌の夏の風物詩です。
このビアガーデンのおもしろいところは、大手ビールメーカーがすべて出店して競い合っているところです。写真のサントリーエリアは5丁目会場、隣の6丁目会場はアサヒビール、7丁目がキリンビールで8丁目は サッポロビールという具合。各社が工夫を凝らした大きなピッチャーはどれも楽しく、仕事帰りに仲間と飲めば大いに盛り上がります。外国ビールファンには世界のビール広場や札幌ドイツ村のエリアもあります。北海道の食材をふんだんに使ったおいしいおつまみは種類が豊富で、どなたにもきっと満足していただけます。
平日でも早い時間から混んでいますが、各会場に観光客向けの「おもてなシート」が用意されています。また、サントリー(1500円/人:マスターズドリーム1杯と限定つまみ付き)とキリンビール(2000 円/人。3名様以上。オードブル+生ビール中ジョッキ1杯)は予約ができるシートもあります。昼の12時から夜9時。8月14日まで開催中
2019年8月時点の情報です。2020年は中止が決定いたしました。
大通公園5丁目〜8丁目、10丁目、11丁目
(地下鉄大通公園駅から徒歩1分)
TEL: 011-281-6400
WEBページ