時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集マンスリーアンケート特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集

 
<<酒場ガイドTOP

Bar Faro(新潟)

RockingChair(京都市)

City of London distillery(ロンドン)

さっぽろ大通ビアガーデン(札幌)

BAR ESTAR!(エスタール)(酒田)

Maltheads(モルトヘッズ)(札幌)

Bar TRAMP(和歌山)

十代目 儀助(愛知)

ジアス ルーク&タリー(北海道)

SUNTORY BAR MINT(広島)

THE GS BAR(広島)

Cafe Bar STAR LIGHT(高知)

LE CLUB(ル・クラブ)(松山)

OZONE(オゾン)(香港)

The Macallan Whisky Bar((マカオ)

MIZUNARA THE LIBRARY(香港)

ビアブティックKIYA(名古屋市)

籠屋ブルワリー(狛江市)
 
Bar Strand(長崎市)

Cafe&Bar ウミノ(長崎市)

THE ROOTS(京都市)

過去記事一覧

Bar風間(札幌市)

ダイニング&バー ダナドゥア(倉敷市)

日本と海外の酒めぐり
ちょっと酒旅「きょう、行く?」
Bar Faro
 飲食店が並ぶ大通りから路地を入ると店の灯りが目に入り、中にはカウンターとボックス席が2席ありました。オーナーバーテンダーの武田海さんは、新潟市内のカク テルバーの銘店に9年間勤務した後、独立してこの店をオープンしたそうです。
 バックバーにはモルトウイスキーが並んでいます。おやっと思ったのは一番端に鎮座するアブサン・ファウンテンです。アブサンを注いだグラスに専用のスプーンを置いて角砂糖を乗せ、その上からポタポタ水を落として砂糖水をゆっくりと注ぐ道具です。マスターはアブサンやリキュールもお好きだそうで、カウンターの下にはたくさんのリキュールがしまってあるのだとか。
 チャームはマカロンでした。スイーツを出すバーは珍しいと思いましたが、食事を済ませて二軒目の方にはうれしいひと品でしょう。デザートとしていただいてもいいですし、甘い香りのバーボンやシェリー樽仕上げのウイスキーにはよく合いそうです。
 カクテルを目当てにいらっしゃるお客さんが多いのでしょう。おまかせでブランデーベースで甘めのものとか、大きな幸運が訪れるようなカクテルをなんて難題も、マスターは上手に対応してカップルを楽しませていました。カクテル好きの方に強くおすすめしたい新潟のバーです。
新潟市中央区東堀通9番町1401-2 刈谷ビル1F
(西堀通八番町バス停から徒歩3分)
TEL: 025-226-0086
WEBページ