時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集マンスリーアンケート特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集

 
<<酒場ガイドTOP

GARUTSU(ガルツ)
 
BAR 侍庵(たいあん)

池田BAR(鹿児島市)

バイブルクラブ大阪

THE LUX BAR上本町(大阪市)

Bar Faro(新潟)

RockingChair(京都市)

City of London distillery(ロンドン)

さっぽろ大通ビアガーデン(札幌)

BAR ESTAR!(エスタール)(酒田)

Maltheads(モルトヘッズ)(札幌)

Bar TRAMP(和歌山)

十代目 儀助(愛知)

ジアス ルーク&タリー(北海道)

SUNTORY BAR MINT(広島)

THE GS BAR(広島)

Cafe Bar STAR LIGHT(高知)

LE CLUB(ル・クラブ)(松山)

OZONE(オゾン)(香港)

The Macallan Whisky Bar((マカオ)

MIZUNARA THE LIBRARY(香港)

ビアブティックKIYA(名古屋市)

籠屋ブルワリー(狛江市)
 
過去記事一覧

日本と海外の酒めぐり
ちょっと酒旅「きょう、行く?」
バイブルクラブ大阪
 1800 年代後半から1900 年代前半のアメリカの雰囲気を醸し出す店内。バーカウンター、レジスター、テーブル、椅子など什器や調度品だけでなく、床材や壁材もすべて当時のものをアメリカから運んで来たそう。オレゴン州ポートランドはアンティークの町でもあり、オーナーがこだわり抜いて選んだのだとか。バーテンダー曰く「新しいのは酒だけです」と。
 ドリンクは昔のレシピをもとに現代風にアレンジした独特のカクテルでした。「ペニシリン」をオーダーすると、強い薫香の『アードベック』をベースにジンジャー・シロップ、レモン、蜂蜜を加え、ドライジンジャーを一片トッピング。仕上げに『ラフロイグ』をプシュッとスプレーします。甘やかでスモーキーな味わいが、お通しの甘辛いピーナッツとよく合いました。ちなみに使用したクラッシュド・アイスは、皮袋に氷を入れて、床に置いてハンマーで叩いてつくったものです。これまたアイスクラッシャーが誕生する前のやり方なのでしょう。あちこちで飲んできましたが初めてみました。
大阪府大阪市中央区心斎橋筋2-1-11 B1F
(大阪市営地下鉄心斎橋駅より徒歩6分)
TEL: 06-4708-1238
WEBページ