時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集マンスリーアンケート特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集

 
<<酒場ガイドTOP

GARUTSU(ガルツ)
 
BAR 侍庵(たいあん)

池田BAR(鹿児島市)

バイブルクラブ大阪

THE LUX BAR上本町(大阪市)

Bar Faro(新潟)

RockingChair(京都市)

City of London distillery(ロンドン)

さっぽろ大通ビアガーデン(札幌)

BAR ESTAR!(エスタール)(酒田)

Maltheads(モルトヘッズ)(札幌)

Bar TRAMP(和歌山)

十代目 儀助(愛知)

ジアス ルーク&タリー(北海道)

SUNTORY BAR MINT(広島)

THE GS BAR(広島)

Cafe Bar STAR LIGHT(高知)

LE CLUB(ル・クラブ)(松山)

OZONE(オゾン)(香港)

The Macallan Whisky Bar((マカオ)

MIZUNARA THE LIBRARY(香港)

ビアブティックKIYA(名古屋市)

籠屋ブルワリー(狛江市)
 
過去記事一覧

日本と海外の酒めぐり
ちょっと酒旅「きょう、行く?」
池田BAR
 池田BAR は1962年に創業した鹿児島市内では一番の老舗。店には長年通ったお客様たちと、55周年記念につくったという手帳サイズのエッセイ集が置かれていました。よく店の半分は客がつくると言いますが、こういうのを見ると本当にそうだなあと思うのであります。
 鹿児島でもスタートはいつものとおりジンリッキー。よく磨かれた薄いグラスのタンブラーの、底に沈んだライムの緑が爽やかさを引き立てます。キリッとした味わいをおいしくいただいて、二代目マスターの荒川さん にご挨拶。
 半世紀以上続けるなんてすばらしいですねと言うと、「いやぁ古いだけです」と謙遜されますが、気取らずに好きに飲ませてくれる雰囲気だけでなく凛とした空気もあるからこそ、常連が足しげく通い、いい客が居つくのでしょう。
 『響』『山崎』『白州』が並ぶバックバーには、地元の焼酎メーカーがつくるクラフトジンも並びます。たくさんの焼酎メーカーがある鹿児島は日本の蒸溜酒のメッカ。世界が評価する蒸溜酒がここから生まれるかもしれません。
鹿児島市山之口町10-20 第1 二官橋ビル103
(鹿児島市電高見橋駅 徒歩2分)
TEL: 099-223-6833
WEBページ