時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集マンスリーアンケート特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集

 
<<酒場ガイドTOP

GARUTSU(ガルツ)
 
BAR 侍庵(たいあん)

池田BAR(鹿児島市)

バイブルクラブ大阪

THE LUX BAR上本町(大阪市)

Bar Faro(新潟)

RockingChair(京都市)

City of London distillery(ロンドン)

さっぽろ大通ビアガーデン(札幌)

BAR ESTAR!(エスタール)(酒田)

Maltheads(モルトヘッズ)(札幌)

Bar TRAMP(和歌山)

十代目 儀助(愛知)

ジアス ルーク&タリー(北海道)

SUNTORY BAR MINT(広島)

THE GS BAR(広島)

Cafe Bar STAR LIGHT(高知)

LE CLUB(ル・クラブ)(松山)

OZONE(オゾン)(香港)

The Macallan Whisky Bar((マカオ)

MIZUNARA THE LIBRARY(香港)

ビアブティックKIYA(名古屋市)

籠屋ブルワリー(狛江市)
 
過去記事一覧

日本と海外の酒めぐり
ちょっと酒旅「きょう、行く?」
GARUTSU
 青森県の弘前市はリンゴの産地として知られています。県内にはリンゴでつくる発泡性のワイン「シードル」を醸造するワイナリーが8か所あり、それぞれおいしさと個性を競い合っています。
 ここGARUTSUもそのひとつ。醸造所を備えたワイナリーパブで、自社製のシードルのほか、青森県産の他社のシードルをひと通り試すことができます。
 日本ではフレッシュなリンゴの風味のある甘口の発泡性ワインというイメージが強いシードルですが、GARUTSUが目指すのはそうしたイメージにとらわれない本格的なもの。リンゴの果実味を生かしながら辛口に仕上げるために、ブドウやイチゴの果汁をブレンドして酸を出してみたり、エールビール用の酵母を使ってみたり、試行錯誤を続けています。
 弘前城のお花見や夏のねぷた祭りなどで弘前に行かれたら、ぜひGARUTSU に足を延ばしてみてください。ここでしか飲めない樽生シードルを試した後は、自家製の3つのワインを飲み比べましょう。シードルのイメージが変わるはずです。
青森県弘前市代官町13ー1(JR弘前駅より徒歩10分)
TEL:0172-55-6170
WEBページ