時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集マンスリーアンケート特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集
 
<<酒場ガイドTOP

過去記事一覧

沖縄感動体験 泡盛海底貯蔵ダイビング

余市・仁木ワイナリーツーリズム

やまがたワインバル かみのやま温泉

天然水の宝庫「熊本」のうまい酒〜メーカー編

越後謙信SAKEまつり

城島酒蔵びらき

大阪でワイナリーめぐり

ウイスキーづくり90年

コスパ抜群ウイスキーイベント

再発見「日本の食卓」

天満天神梅酒大会始まる

はじまりました さっぽろ雪まつり

日本と海外の酒めぐり
ちょっと酒旅「きょう、行く?」
天然水の宝庫「熊本」のうまい酒〜メーカー編
 日本酒のイメージが強い山形ですが山梨、北海道、長野に次ぐワイン産地でもあります。特に県中部に位置する上山市、朝日町、高畑町、南陽市周辺はブドウの一大産地で、他の地域にも点在するものと合わせると山形県内のワイナリーは12にのぼります。そして良質なブドウができるため、県外のワイナリーから原料ブドウの引き合いがたくさん入ってきます。
 かみのやまワインバルは、上山市の上山城の周辺を会場にしたアウトドアのワイン祭り。山形県内の全ワイナリーと、上山産ブドウを利用している県外のワイナリーが合わせて17のブースを出店し、チケット制でワインを提供します。フードは町内のレストランや商店が販売し、音楽イベントも組み込んで町全体で盛り上げています。
 3回目となった2016年は、まもなく梅雨明けという7月9日(土)14時〜18時30分に開催されました。あえて午後からスタートする時間設定は、ひとりでも多くの来場者に宿泊してもらうように狙ったものです。3000人を超える参加者の多くは、地元のワインと料理をたっぷり楽しみ、ゆっくり温泉に浸かって一泊していきます。
 首都圏や仙台からの来場が多いと予想していたが、一緒になった方の7〜8割は山形県内からの印象でした。リピーターも目立ち、初めての方も昨年参加した人からすすめられてという声をよく耳にしました。町をあげてのこのイベントは、これからますます盛り上がっていく雰囲気に満ちています。来夏はワイン好きな仲間とお出かけになってはいかがでしょうか。

商店街から上山城につながる道の両側に点在する小さな公園にブースが並ぶ商店街から上山城まで観光客いっぱい仲間を誘って昼間のワインパーティ。こんなグループがたくさん。歩き疲れたら足湯につかりながらワイン
男性コーラスグループの歌は多彩なレパートリーワイナリーブースの前はワインを購入する大勢でにぎわう開始時は雨。てるてる坊主持参の方にはワイン1杯券を進呈。その甲斐あって後半は見事に晴れた!

ワイナリーブース
『ジャパンプレミアムかみのやま』シリーズをラインナップするサントリー。ブドウ農家の方も応援に駆け付けた『ジャパンプレミアムかみのやま』シリーズをラインナップするサントリー。ブドウ農家の方も応援に駆け付けた	技術に定評のある高畠ワイナリー町をあげてワインに取り組む朝日町ワイナリー。朝日町とJAさがえ西村山が出資
若いスタッフが笑顔で応対していた月山ワイン県南の米沢ワインも参加赤湯温泉の『金渓ワイン』の佐藤ぶどう酒大倉葡萄酒も同じく赤湯温泉
6年前のサントネージュワインのセミナーがこのイベント誕生のきっかけとなったかみのやま温泉のおひざ元はタケダワイナリー雨にも負けない月山虎屋ワイナリー