時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集マンスリーアンケート特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集
 
<<酒場ガイドTOP

過去記事一覧

上海にハイボールタワー発見

トリスガールを発見!

紹興酒が健在 杭州の海鮮中華

杭州のライブバーのギンギラ女子

エレガントなシガーバー

外灘にオールド・ジャズが響く

上海の本格焼酎バー

とんこつスープの海鮮鍋

迫力のトンコツ鍋

安くてうまい激辛の鶏鉄鍋

滋味豊かキノコ鍋にオールド

激辛アツアツのカレー鍋をハイボールで

続々登場 上海で日本の酒と食体験

続々登場 ゴージャスなバー

大吉で発見! 上海ボール

上海のウイスキー好きが大集合

テキーラブーム中国にも

中国でアジアのワインが飲まれる日

中国辺境から世界を狙うワイナリー

食べて中国 飲んで英国

蘭桂坊でグレンフィディック

老舗洋食

ワインで中華が今風?

オーセンティックバー

日本的バーのくつろぎ

日本語OK ダーツしながらアイラモルト

大人のアイリッシュパブ

これぞ上海ナイト

ハンバーガーwithハイボールを求めて

上海でメキシコ気分

ハンバーガーで「焼き方は?」と聞かれる店

日本と海外の酒めぐり
酒文研おすすめのお店
  
激辛アツアツのカレー鍋をハイボールで  
ちょっとおしゃれなお店。通りの向かいにはヒルトンホテル
カウンターに20種類以上の調味料・スパイス・薬味が並ぶ 「最初に好きな調味料をとってください」。と言われたものの、とうがらし、花椒、豆板醤、XO醤、ごまやピーナッツのペースト、揚げガーリックに揚げジンジャー、香酢、ねぎ、おろしガーリック、香草など20種類もの調味料、スパイス、薬味が並んでいたら、何をどうしていいのか考えがまとまらない。どうにでもなれ!という気分で取り皿にオリジナルのソースをつくった(香草と香酢のほかに何と何を入れたか思い出せません)。
 カレー鍋のスープは激辛とノーマルの二種類にして、具材は肉の盛り合わせ、つみれ、野菜、キノコ、豆腐を適当に。
 グツグツと湧いてきたところで薄切りにした牛、羊、豚の肉を鍋に。肉はくるくるとロールにしてあって扱いやすい。鍋に入れるとふわふわと広がっていく。激辛スープと言われたが、それほどの辛さではなく、味が締まってこちらが好み。カレー風味が肉の臭みを消してくれるので、どの肉も抵抗なく食べられた。
どうやってつくったなのかよくわからない氷が浮かぶハイボール 飲み物はハイボール。ウィスキーが注がれたロックグラスには、一瞬丸氷が入っているのかと思ったが、そんなはずもなく霜のついた氷を握り固めたような固まりが浮いていた。そこにソーダを注ぎ足す。濃い目につくって、鍋を食べながら飲む。ピリ辛のスープにウイスキーの甘さが残るハイボールはなかなか合う。もう少しソーダが冷えていたら、さらにうまいのに、この点だけは残念。
〆に出てきた幅広の春雨?はスープの旨みを吸い込んで結構なお味。しっかりしたスープに具材の旨みが加わって、締めはご飯か麺。上海でも鍋の基本形は日本と同じなのであった。
激辛スープとノーマルスープをひと鍋で。肉は3種類の盛り合わせ

(文・写真 酒文化研究所 山田聡昭)