時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集マンスリーアンケート特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集
 
<<酒場ガイドTOP

過去記事一覧

上海にハイボールタワー発見

トリスガールを発見!

紹興酒が健在 杭州の海鮮中華

杭州のライブバーのギンギラ女子

エレガントなシガーバー

外灘にオールド・ジャズが響く

上海の本格焼酎バー

とんこつスープの海鮮鍋

迫力のトンコツ鍋

安くてうまい激辛の鶏鉄鍋

滋味豊かキノコ鍋にオールド

激辛アツアツのカレー鍋をハイボールで

続々登場 上海で日本の酒と食体験

続々登場 ゴージャスなバー

大吉で発見! 上海ボール

上海のウイスキー好きが大集合

テキーラブーム中国にも

中国でアジアのワインが飲まれる日

中国辺境から世界を狙うワイナリー

食べて中国 飲んで英国

蘭桂坊でグレンフィディック

老舗洋食

ワインで中華が今風?

オーセンティックバー

日本的バーのくつろぎ

日本語OK ダーツしながらアイラモルト

大人のアイリッシュパブ

これぞ上海ナイト

ハンバーガーwithハイボールを求めて

上海でメキシコ気分

ハンバーガーで「焼き方は?」と聞かれる店

日本と海外の酒めぐり
酒文研おすすめのお店
  
とんこつスープの海鮮鍋  
海鮮鍋の春秋火鍋
とんこつスープのトマト鍋。トマトがぷかぷか  「おい、隣は『たんや又兵衛』じゃない、六本木の店と関係あるのかなあ」と言いながら店に入った。ここは海鮮鍋が売りの春秋火鍋。店長の話だとオーナーは香港の方で、又兵衛も同じ人が経営しているそう。
 ここではまずは鍋のスープを選ぶ。お奨めはとんこつベースと言うので、トマトのとんこつスープをチョイス。飲み物のメニューを見ているうちに、運ばれてきた鍋を見てびっくり。とんこつスープに櫛形に切られたトマトがぷかぷか浮いている。トマトソースととんこつをミックスしたスープをイメージしていたのだったが、見事に裏切られた。
 酒のメニューには日本酒の地酒がたくさんラインナップされていた。海鮮が売りの店だからなるほどと思ったが、なかなかいいお値段。残念ながら上海まで来て、この値段で日本酒を飲む気にはならない。ちょっと迷ったが、とんこつスープの鍋なのでハイボールがよかろうと店員に相談すると、出てきたウイスキーはサントリー角瓶。これをボトルでとってソーダを数本もらう。
 とんこつスープは思ったよりもずっと上品。あっさりしていて匂いも気にならない。これに海鮮を加えていったら、豪華な具がたっぷりの長崎ちゃんぽんのような感じになりそう。期待に胸を膨らませて、まずは牡蠣をしゃぶしゃぶと泳がせる。日本では半生くらいでパクッと行くところなのだが、ここは異国、なにかあったら面倒なのでじっくり火を入れる。う〜ん牡蠣はやっぱりうまい。帆立貝、とこぶしも堪能して、みなご満悦。
 最初、ハイボールはソーダで割っただけで飲んでいたのだけれど、メニューに焼酎用にレモンがあることを発見。スライスレモンを浮かべたら、味わいがキリリとしまった。
 仕上げは長春麺と広東麺。長春麺は太麺で予想通り長崎ちゃんぽんを髣髴とさせた。広東麺はとんこつと魚介のダブルスープのラーメン風であった。
サントリー角瓶の中国語の裏ラベル
牡蠣、ほたて、とこぶしなど新鮮な魚介をたっぷり

(文・写真 酒文化研究所 山田聡昭)