時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集マンスリーアンケート特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集
 
<<酒場ガイドTOP

過去記事一覧

上海にハイボールタワー発見

トリスガールを発見!

紹興酒が健在 杭州の海鮮中華

杭州のライブバーのギンギラ女子

エレガントなシガーバー

外灘にオールド・ジャズが響く

上海の本格焼酎バー

とんこつスープの海鮮鍋

迫力のトンコツ鍋

安くてうまい激辛の鶏鉄鍋

滋味豊かキノコ鍋にオールド

激辛アツアツのカレー鍋をハイボールで

続々登場 上海で日本の酒と食体験

続々登場 ゴージャスなバー

大吉で発見! 上海ボール

上海のウイスキー好きが大集合

テキーラブーム中国にも

中国でアジアのワインが飲まれる日

中国辺境から世界を狙うワイナリー

食べて中国 飲んで英国

蘭桂坊でグレンフィディック

老舗洋食

ワインで中華が今風?

オーセンティックバー

日本的バーのくつろぎ

日本語OK ダーツしながらアイラモルト

大人のアイリッシュパブ

これぞ上海ナイト

ハンバーガーwithハイボールを求めて

上海でメキシコ気分

ハンバーガーで「焼き方は?」と聞かれる店

日本と海外の酒めぐり
酒文研おすすめのお店
  
外灘にオールド・ジャズが響く
外灘のど真ん中に建つ和平飯店
メンバーはお爺ちゃんばかりで、急がず、淡々と、いつもの曲という演奏ぶり  上海の代表する観光スポット外灘。石造りの西洋建築が立ち並び大河を見下ろす。対岸には高層ビルが林立し、テレビ塔がそびえる。和平飯店は、新旧のコントラストが明快なこの一画にある老舗のホテル。昨夏、3年間に及んだリニューアル工事を終えて営業を再開した。和平飯店はオールドモダンな高級ホテルだが、ジャズクラブもよく知られている。年配の男性プレイヤーたちが、スタンダードなナンバーを聴かせてくれるのだ。
 入場にはひとり150元(約2000円)以上オーダーすることが条件。まあホテルのバーではカクテルを2杯も飲めばそのくらいになるから、演奏は無料で聴けるという感じだ。食事をしてどこかで一杯飲んで、23時を過ぎるころに行けばちょうど盛り上がっている頃かと思って予定を組む。念のため予約しておこうと、通訳の陳さんに電話を入れてもらうと、「そんな遅い時間までやっていない。お爺さんは早寝だから」と言われたとか。急遽、予定を変更して19時頃、開店したばかりの店に飛び込むこととなった。
 期待に胸を膨らませてドアを開ける。シックな内装のホールにドラムやトランペットが響き渡っていた。ちょうどバンドの目の前の席が空いていて、そこに陣取る。周りにはここに宿泊していると思しき中高年のカップルが数組。曲はA列車で行こうとかイン・ザ・ムードなどスタンダードなもの。それをおじいちゃんたちが、淡々と、ほんとうに淡々と演奏する。
スタンダードナンバーのハーモニーは響がよく似合う 飲み物はサントリー響をハイボールでまず一杯。日本のウイスキーは響17年と山崎12年がメニューにあって、ほとんど値段が変わらなかったから、だったたら高い方がいいやと響にしたのだったけれど、ベテランジャズマンたちのハーモニーには、さまざま原酒のハーモニーが楽しめる響で正解。心地よい組み合わせであった。
 二杯目の山崎のハイボールを飲み終わる頃、バンドマンたちが次は何を演奏ろうかって感じで顔を見合わせる。「チャララ〜♪」とひとりが言うと、みんなわかったという顔をしてやおら演奏がはじまる。曲はなんと「瀬戸の花嫁」。客に日本人がいると見ての選曲か。まさか上海で小柳ルミ子の曲を聴くとは思いもよらなかった。
外灘とこっちと向う
シンプルなバーカウンター。ひとりで来ても居心地がよさそう

(文・写真 酒文化研究所 山田聡昭)