時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集マンスリーアンケート特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集
 
<<酒場ガイドTOP

過去記事一覧

上海にハイボールタワー発見

トリスガールを発見!

紹興酒が健在 杭州の海鮮中華

杭州のライブバーのギンギラ女子

エレガントなシガーバー

外灘にオールド・ジャズが響く

上海の本格焼酎バー

とんこつスープの海鮮鍋

迫力のトンコツ鍋

安くてうまい激辛の鶏鉄鍋

滋味豊かキノコ鍋にオールド

激辛アツアツのカレー鍋をハイボールで

続々登場 上海で日本の酒と食体験

続々登場 ゴージャスなバー

大吉で発見! 上海ボール

上海のウイスキー好きが大集合

テキーラブーム中国にも

中国でアジアのワインが飲まれる日

中国辺境から世界を狙うワイナリー

食べて中国 飲んで英国

蘭桂坊でグレンフィディック

老舗洋食

ワインで中華が今風?

オーセンティックバー

日本的バーのくつろぎ

日本語OK ダーツしながらアイラモルト

大人のアイリッシュパブ

これぞ上海ナイト

ハンバーガーwithハイボールを求めて

上海でメキシコ気分

ハンバーガーで「焼き方は?」と聞かれる店

日本と海外の酒めぐり
酒文研おすすめのお店
  
トリスガールを発見
正面 地図
寿司とハイボール  「へい、いらっしゃい」「がってんだ!」
威勢のいい声が店内に響くのも、握りたての寿司が流れているのも日本と同じ。違いは寿司を握るスタッフとお客が中国人だということくらいだろうか。
 しめ鯖、やり烏賊、ウニとつまんでいると、カランカランカランと鐘が鳴り、「本日は日本から直送した本マグロの中落ち、ただいまできました!」と元気な声。あっちのテーブル、こっちのカウンターで手があがり、またたく間にトロの皿が消えていく。小さな子供のいる家族連れ、デートの途中で寄った感じのカップル、仲良しのグループ客など、客層は様々だが、お客の半分以上が中国の方。寿司は回転寿司になってどんどん国際化している。
 「トリスのハイボールはいかがですか?」とたぶん言って(中国語なのでわからない)、にっこりほほ笑むのはトリスハイボールのプロモーションガール。ひと卓ひと卓回っては、メニューを示してハイボールをおすすめしている。
 「サントリーさんのハイボールにかける本気度には頭が下がります」と橋本店長。4年前に単身上海に渡り、一から店を立ち上げた経歴を持つだけに、チャレンジングな仕事に共感するのだろう。ハイボールのつくり方を専門のスタッフがきちんと説明して、おいしく出すよう徹底的に品質管理、それが素晴らしいと絶賛する。
 それではとトリスハイボールを試してみる。スッキリ軽いトリハイの味。プロモーションガールの「いかがですか?」という視線に気づいて、指でOKマークをつくると、やわらかな微笑みが返ってきた。
 上海で楽しむおいしい寿司とトリスハイボール。5年前には想像もできなかったが、5年先にはどこの中華料理店でもハイボールが飲まれるようになっているかもしれない。
マグロ
店内
ハイボールガール

(文・写真 酒文化研究所 山田聡昭)